ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪文の代表のような「資本論」を分かりやすく説明している本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『いま生きる「資本論」』佐藤優・著/新潮社/1300円+税

【選者】田原総一朗 ジャーナリスト、早稲田大学特命教授。近著に『日本人と天皇 昭和天皇までの二千年を追う』(中央公論新社)。

 マルクスの言うプロレタリア革命は成功したと僕らの世代は信じていたけれど、あんなものは革命でもなんでもなかった。結局、ソ連の共産主義は崩壊して冷戦が終わり、もう革命は起きない。

 そのため、革命を恐れて労働者を大事にする必要がなくなってしまい、労働者重視の姿勢を持つ資本主義は終焉を迎え、今や労働者と経営者の格差は広がるばかりだ。

 マルクスの『資本論』は、資本主義にどんな問題があったのか検証するため、今新たに世界中で読まれている。難しくて面倒くさくて悪文の代表のような『資本論』を著者が非常に分かりやすく説明しているタイムリーな一冊だ。

※SAPIO2015年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書評】異色エコノミストと若き哲学者が経済を徹底討論
70歳の元赤軍派議長 著述業兼駐車場管理人で月収10万円
日本が移住しやすくなれば外国人労働者流入し多様な人材育つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP