ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「証拠ないのに金返せ」異物騒動で客減クレーム増の外食産業

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マスコミを騒がせているマクドナルドの異物混入問題。マクドナルドだけでなく、その他の外食チェーンでの異物混入も発覚しているが、外食産業の現場はどうなっているのだろうか。そこで、マックや他の外食チェーンでアルバイトをする人たちに、匿名を条件に話を聞いた。

A(都内マクドナルド勤務):でも、やっぱりこの騒動でかなりお客さん減ったよね。

B(都内のハンバーガーショップ勤務):お客さんは減ってるのに、クレームは増えた。写真とか混入していたものの現物とか、そういった証拠がないのにただ“金返せ”って。レシートもないから、本当に買ったかどうかもわからないですし、大きな声では言えませんが、仲間内では“ゆすりかもね”って話したりもしました。

C(都内マクドナルド勤務):便乗クレームはあったね。ファストフードなのに、3日経ってからなぜか手をつけていないままの商品を「交換しろ」って持ってきた人もいた。

D(関東近郊マクドナルド勤務):こんなときだからクレームは仕方ないところもあるけど、とにかく、人の歯とかが入ってるなんて想像したくない。

E(都内定食チェーン勤務):これまで何度も大きな事件になったから、さすがに賞味期限切れのものを出したりはしませんけどね。納品された数と販売個数がパソコンで管理されてるから、極端に余って期限が切れることもほとんどありません。

※女性セブン2015年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マクドナルド 夜~朝のバリューセット購入者にチキン無料券
日本マクドナルド 上海福喜食品に自社のグローバル基準を認証
マック「60秒サービス」開始でポテトの“塩抜き”頼む客増加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP