ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 「時代も何も違わない」とぬるすぎる野球界に喝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 勝利数が400勝の金田正一氏、350勝の米田哲也氏、320勝小山正明氏、あわせて1070勝の3人は、文字通り日本プロ野球のレジェンドだ。伝説の3投手が、現在の球界は「ぬるすぎる」と愛のむちをふるった。

米田:「100球以上投げたら壊れる」という間違った認識が広がっているのは確か。だから今の選手は文句から始まるようになったんでしょうね。僕が投手コーチ時代、もっと投げ込めというと、「肩を痛めたら補償してくれますか」と平気でいいよる。万が一肩を痛めて投げられないようになったら、故郷へ帰って家業を継いだらええねん。それがプロちゃうんか、と思いますね。

 球団も過保護すぎますわ。今はヒジが壊れても手術させて2年も3年も待つ。昔は壊れたら終わりやった。

小山:ある球団でね……。

金田:だから実名をいえ。

小山:(無視して)投手の使い方にフロントが口出しするらしい。高い金を払ったウチの財産やから壊すなと。

米田:阪神やね(笑い)。とにかく周りが甘やかしすぎなんですよ。今の子は先輩の荷物を持つこともない。入団した時、練習用のボールを両肩に下げて遠征に行くのが大変やったけどね。

小山:今は球団がすべてやってくれるもんな。それに最近は、ノックアウトされた投手が平気でベンチで試合を見てますやろ。あれはやめてもらいたい。それどころかノックアウトされてもハイタッチで出迎えやからね。ぬるすぎますわ。昔はどんなにヤジられたか。

金田:まァこんなこというと、若い連中はどうせ「時代が違う」というんだろうけどな。何も違いませんよ。文句があるならワシらより勝ってからいえ! この世界に入ったからには、とにかく人のできない記録を残した者がエライ。

小山:プライドを持って野球をやってもらいたいね。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金田正一が苦言 江川卓の100球肩から球界に悪習が誕生した
斎藤佑樹 文化祭の模擬店で段ボール集めと飾り付けで活躍
球界勝利数トップ3「投げすぎで投手の肩は壊れぬ」で意見一致

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP