ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが未来の演奏体験!16カ国2800作品の頂点に輝いた、新感覚の楽器アプリ「KAGURA」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「未来の楽器」と聞いて、あなたはどんなものを想像するだろうか?

楽器と聞いた時点で何か特定の物を思い浮かべる人が多いかもしれないが、これからは”あなたの体の動き”自体が楽器となり、何にも触れることなく音楽を演奏することができる時代だ。

一昨日世界で同時リリースされた新世代楽器アプリは「KAGURA」は、WindowsPCとカメラさえあれば、自分のジェスチャーだけで様々な音楽を奏でられる、革新的なサービスである。

「KAGURA」は、奥行きを認識できるインテルのRealSense3Dカメラを利用している。これにより、カメラの前で行うジェスチャーを認識し、音を奏でることができる仕組みだ。

楽器が得意でないという人でも体を動かすことで、ちゃんとした音楽を楽しく演奏できるのが大きな特徴。ロックやジャズなど予めBGMと音源を組み合わせたサウンドセットが5種類用意されており、ダウンロード後はすぐに楽しめる。

そしてこのアプリの大きな特徴が、カメラから50cmの所まで手を近づけると”水の中に手を入れたような感覚”を味わえる点。

実は3Dカメラの特性上、ジェスチャーを認識するためにはカメラから50cm以内に手を近づける必要がある。

それを単なる文字でユーザーに伝えるのではなく、水面に手を突っ込むような感覚を通して、自然とそうしたくなるような体験を提供しているのが非常にユニークだ。

この独創的な体験も要因の1つとなり、2013年にインテルが開催した”Intel Perceptual Computing Challenge 2013″では16カ国、約2800の応募作品の中から見事グランプリに選出。

今世界中で注目を集めている、期待の日本発のサービスとなっている。

先日行われたリリース発表会では、実際にデモンストレーションを見る機会があったが、カメラの前で手を動かしたり、声を発しているだけで次々と新しい音が生まれ、音楽が奏でられている様子を目の当たりにし、非常にワクワクした。

基本的な使い方に慣れれば、年齢問わずさまざまな人が楽しめるアプリと言える。

ダウンロード自体は無料。RealSense3Dカメラがない場合でも、機能は限られるものの通常のWEBカメラがあれば使用できる。KAGURAの魅力がより伝わる映像もあり興味がある方はこちらも必見だ。

(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=SvOfu9NifyY)

新時代の楽器を体験したいという方は、是非チェックしてみてはいかがだろうか?

KAGURA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP