ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旅する家具で「異国に想いを馳せる暮らし」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
旅する家具で「異国に想いを馳せる暮らし」

J-WAVE 平日(月~木)朝の番組「I A.M.」(ナビゲーター:藤原恵子)のワンコーナー
「SIGN OF THE TIMES」。1月14日のオンエアでは、
東南アジアのカヌーや枕木などをリメイクした「旅する家具」を紹介しました。

東南アジアでカヌーとして働いていた廃材が、
オシャレなダイニングテーブルに大変身。そんな廃材を生かした家具店「gleam」が麻布十番にオープンしました。
部屋にいながら旅気分が味わえるリメイク家具が、今話題となっています。

「旅する家具」をコンセプトに、インドネシアを中心とする東南アジアで船や枕木として使われていた廃材を製材し、
ダイニングテーブルやデスク、食器棚やディスプレイラックなどのデザイン家具によみがえらせています。
2008年に宇戸恒平さんと高谷弘志さんの2人がブランドを設立。
ネットでの販売が人気をよび、先日、直営店のオープンとなりました。

使っているのは、南洋材のチ―ク材という、とても硬く、丈夫な高級材。
シャビ―な古びた感じで、傷やハゲがありますが、それもどこか懐かしい感じもあり、
シンプルなデザインのアクセントにもなっています。いろいろな木目の感触が楽しく、
もともと第一の旅で、色々な傷や表情をもってる木なので、さらにその上にいろいろと重ねていって歴史を作っていくことが楽しめそうです。
宇戸さんに、廃材を使った家具ならではの魅力を聞きました。

「一つひとつ表情が違うというのと、新しいものには絶対ない表情があります。
一つひとつの傷に歴史がありますので、それを覆い隠すのではなくそのまま生かすことで、
使っていただく方々に何か感じてもらえるような家具ができると思っています。
それぞれが違う旅をしてきた素材なので、その偶然性が生み出す魅力というのもあると思います」(宇戸さん)

おすすめは、いつも自分が長くいる場所、ダイニングやソファーの前などにまずは1つ置いてみること。
さまざまな出会いを経てきた古材から作られた家具は、どこか落ち着くような懐かしさを醸し出してくれます。
くつろぎながら、自分が行ったことがない国に想いを馳せる……、いつもの暮らしに、そんな贅沢な時間をプラスしてみては。

【関連サイト】
「I A.M.」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/iam/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。