ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶品! お昼には閉店してしまう幻の肉まん「蒸包」が美味 / 台湾の圓山老崔蒸包

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、台湾の台北市で食べられる、幻の肉まん「蒸包」(ジェンバオ)をご存知ですか? 厳密にいえば、肉まんと餃子の中間的な料理で、知る人ぞ知る、衝撃的な旨さの絶品料理なのです。

・料理はたったの2種類
蒸包が食べられるのは、『圓山老崔蒸包』というお店。ここに食べられる料理はたったの2種類。蒸包と、トロトロスープの酸辣湯(スーラータン)だけです。

・生地は肉まんのようにシットリ
蒸包を注文すると、10個出てきます。大きさは、蒸し餃子をひとまわり大きくしたサイズで、生地は肉まんのようにシットリしています。

中には、肉が団子のようにギュッとかたまって入っています。

・心がキュンとするほどの旨味
見た目だけでいえば、生地は肉まんだけど、中身は餃子のような感じですね。でも、食べれば餃子とはまったく違った料理なのがわかります。

フカフカの生地がほどよく甘く、具から、心がキュンとするほどの旨味エキスがあふれ出します。

・肉まん以上に柔らかい
餃子のように複数の調味料が用意されていますが、まずは何もつけないで食べるべきです。一口サイズになっていることで、肉まんでは得られなかった柔らかさを感じます。

え? 肉まんも柔らかい? いえいえ、蒸包は、肉まん以上に柔らかいのです。ふわっふわ!

・こんなにも酢醤油にマッチするなんて!
2~3個めから、醤油や酢を混ぜた調味料に浸して食べましょう。肉まんの生地が、こんなにも酢醤油にマッチするなんてビックリ! 生地の甘さと醤油が美味しさを生みます。

6~8個めくらいから、辣醤(辛いディップ)も足して食べれば、スパイシーな餃子寄りの風味を楽しめます。

・13時には閉店してしまう
まさに蒸包は「幻の肉まん」といえる独創的な料理です。ぜひとも、台北に行った際には、この味を体験してみてください。

ただし、早朝5時からオープンするものの、13時には閉店してしまいます。朝、早起きして朝食代わりに食べるのもオススメですよ。

圓山老崔蒸包
住所: No.33, Lane 137, Section 2, Zhongshan N Rd, Zhongshan District, Taipei City
時間: 05:00~13:00
休日: 月曜日
ルート: 地下鉄中山国小駅から徒歩約2分
記事: Photrip フォトリップhttp://photrip-guide.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP