ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアが2014年中にアプリ数でApple App Storeを抜く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AppFigures が公開したモバイル向けアプリストアの最新の調査データによると、Google Play ストアがアプリの数で 2014 年に Apple App Store を抜きました。同社の調査データは Google Play ストア、Apple App Store、Amazon Appstore の 3 サイトを比較する形で公開されており、2014 年末時点のアプリ数は、Google Play ストアが 143 万タイトル、Apple App Store が 121 万タイトル、Amazon Appstore が 29 万タイトルとなっています。これまでは Google Play ストアと Apple App Store の 2 サイトだけで比較されることが多かったのですが、Amaozn Appstore が第三局とみられるほどにまで成長しています。また、アプリ数の成長率のグラフを見ると、Amazon Appstore は Apple App Store を抜いています。Google Play ストアではアプリ公開時に審査が無いので、アプリ数で Apple App Store を抜くことは数年前より時間の問題と見られてきましたが、これほど早い時期に抜くとは…少し驚きです。AppFigures では Google Play ストアにおける成長率の高いアプリジャンルがカテゴリ別で公開されており、次のグラフによると、最も成長率の高いカテゴリはゲームで、続いて、Photography、Music、Business、Entertainment と続きます。Source : AppFigures


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Alphaの公式LollipopファームウェアはAndroid 5.0.2で開発中
ドイツのAmazon.deが「SmartWatch 3 メタルバンドモデル」の予約を開始、日本への発送にも対応
Xperia Z3のパープルカラーが2月にも発売されるとの噂(少なくとも海外で)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP