ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斬新グルメ! ミントのお茶をかけて食べるシンガポール式お茶漬け / サンダーティーライス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お茶漬けを食べると、どうして心がホッと休まるのでしょうか? お茶漬けは日本の伝統的な料理のひとつですが、その歴史は古く、平安時代よりも以前から存在していたといわれています。

・ミントやコリアンダーのお茶
ですが、お茶漬けは日本だけのものではないようです。シンガポールでは、ミントやコリアンダーのお茶を穀物にかけて食べる、サンダーティーライスが人気を博しています。その見た目、日本のものとはちょっと違います。

・食感はかなりクリスピー!
野菜、小魚、豆腐、ナッツなどがたくさん盛られた丼。そこにミント、コリアンダー、バジルなどが主原料のお茶をかけて食べます。日本のように熱い茶漬けではないので、猫舌な人にはピッタリ。食感はかなりクリスピー!

・マイルドな口当たり
食べるたびにカリカリ、ポリポリ、サクサク、楽しいはごたえを楽しめます。ちょっと塩気のある味に、キリッとしたハーブの爽やかさを感じます。

でも渋すぎないのは、濃いめのお茶が、マイルドな口当たりを生んでいるからだと思われます。

・素朴な美味しさがある
日本のお茶漬けよりも具だくさんで、食物繊維を豊富に含んだヘルシーな料理といえます。味がしつこくないので、毎日食べてもいいくらい素朴な美味しさがありますよ。

サンダーティーライス(擂茶飯)
住所: B1 Suntec City, 3 Temasek Boulevard, Suntec City Mall Singapore
時間: 10:00~22:00
休日: 無休
ルート: 地下鉄プロムナード駅が『サンテック・シティ』に直結しており、地下1階の店舗まで徒歩約5分
記事: Photrip フォトリップhttp://photrip-guide.com/

カテゴリー : グルメ タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP