ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイレゾ対応の新型Androidウォークマン「NW-ZX2」が技適認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週の CES 2015 イベントで発表された Sony の新型 Android ウォークマン「NW-ZX2」が 2014 年 11 月 13 日付で工事設計認証を取得していたことが判明しました。NW-ZX2 の国内発売は、CES 2015 での発表では明言されていませんでしたが、技適を通っているので、国内でも発売される可能性は高いとみられます。問題は発売時期ですよね。NW-ZX2 は、同社が昨年発売した Android ウォークマン最上位機種「NW-ZX1」の後継で、S-Master HX デジタルオーディオアンプを搭載し、WAV、AIFF、FLAC、DSD フォーマットのハイレゾ音源(192KHz / 24bit)を再生することはもちろん、DSEE HX 技術で MP3 や AAC などの圧縮された音源をアップスケールして音質を改善することができます。新モデルでは、Sony が CES 2015 で発表した独自コーデック「LDAC」にも対応しており、Bluetooth でハイレゾ音源を楽しむことができるようになりました。また、デュアルバンドの Wi-Fi や USB 接続のヘッドホンもサポートされました。Source : 総務省


(juggly.cn)記事関連リンク
Google「Google 翻訳」のモバイルアプリの新機能として、カメラをかざすだけで翻訳できる機能と、会話モードで言語を自動的に認識する機能の追加を発表
NTTドコモ、「ハーティ割引」の対象に特定医療費受給者証を持っている方を追加
OPPO、鏡面仕上げのメタルフレームを備えた「OPPO R1C」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。