ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元BiSマネージャー渡辺淳之介“BiSH始動”について語る「(元BiSメンバーへの罪悪感)全然ない」「アイドルシーンはぜひ下降ではなく隆盛して」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 音楽シーンにいくつもの伝説を残し、横浜アリーナで解散した異端児アイドルグループ BiS。そのマネージャーであった渡辺淳之介が1月14日0時“BiSH”なるアイドルグループの始動を発表し、賛否両論の嵐を生んでいる。

 渡辺淳之介は、自身のツイッターアカウントで「BiS抜きでもっかいBiSみたいなことやることにしました。その名もBiSH。メンバーを募集します。」とツイート。各音楽情報サイトにはオーディションの詳細が掲載され、5月にアルバムリリースを予定していることも明らかになった。各SNSサイトでは期待と不安と喜怒哀楽の入り混じったコメントが乱立。BiS解散から僅か半年で“BiS 2”とも言えるアイドルグループ始動の発表だ。当然である。

 果たして彼は何ゆえにこのタイミングで“BiSH”の始動を決断したのか。Billboard JAPAN.comではいくつかの質問を投げかけてみた。返答は以下の通り。

--何ゆえに昨年解散したばかりのBiSを今一度始めようと思ったのでしょうか?
渡辺淳之介:やっぱあの頃のこと思い出すとすっごく楽しい思い出だったし、もはや10年前みたいな気分だし、やっぱ何年後にするとかよりも今やりたかったから。

--BiSHは新メンバーで活動するそうですが、元BiSメンバーへの罪悪感はないんでしょうか?
渡辺淳之介:全然ない。みんな頑張ってるもんw

--研究員(BiSファンの通称)、そしてアイドルシーンの皆さんへ伝えたいことがあればお願いします。
渡辺淳之介:さて、僕と松隈ケンタのやる気はものすげえ勢いで滾ってますのでドカドカいきたいと思ってます。もし着いてきてくれるならまた最高の景色見れるように頑張ります。アイドルシーンについてはぜひ下降ではなく隆盛していただきたいです。もっともっといろんなアイドルグループに出てきてほしいです!

取材&テキスト:平賀哲雄

関連記事リンク(外部サイト)

2度目のメジャーデビュー決めたプールイ(LUI FRONTiC 赤羽JAPAN/元BiS)今後のヴィジョン語る「やっぱり私は歌手になりたい」
BILLIE IDLE(R)解禁 最初の1ページ開く「我が身が滅ぶまで応援よろしく」
プラニメ 疑心暗鬼の日々を超え……二人三脚で心の溝を埋め尽くす

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP