ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小澤征爾の新作はベートーヴェンの4番と7番、6年越しの夢が実現した水戸室内管とのライヴ録音

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小澤征爾の新作「ベートーヴェン:交響曲第4番・第7番 水戸室内管弦楽団/指揮:小澤征爾」が1月14日に発売された。

小澤が館長を務める水戸芸術館のレジデント・オーケストラである水戸室内管弦楽団は、クオリティの高い演奏で内外から賞賛されている。今回の録音は、小澤征爾と水戸室内管弦楽団の長年の希望がようやく叶ったもの。2008年、ベートーヴェンの交響曲第4番をメイン・プログラムとして組まれた小澤&水戸室内管弦楽団の欧州ツアーが、小澤が急病のため同行できず、このときはオーケストラのみで演奏した。

2014年1月の演奏会が決まった時、「小澤さんの指揮でベートーヴェンの4番をやりたい」というオーケストラの強い希望でこの曲が選ばれ、本番では小澤とオーケストラが一緒に演奏できる喜びを爆発させた。この大成功を受け、2014年5月のプログラムにもベートーヴェンの第7番が選ばれた。すっかり体調を取り戻した小澤征爾の力強い指揮にオーケストラが見事に応え、満員の聴衆を熱狂させた。

このアルバムは、この1月と5月の感動のライヴを収録したもの。少数精鋭の水戸室内管弦楽団が素晴らしい集中力で小澤征爾の指揮に応えた見事な演奏を楽しむことができる。

2015年9月1日に80歳の誕生日を迎える小澤、ユニバーサルミュージックは「小澤征爾80歳記念キャンペーン」を開催し、多数の作品を発売する。1月14日には20タイトル、2月18日に20タイトルの「小澤征爾名盤2CD」を発売。名作ばかり40作品が揃う。詳細は特設サイトまで。

小澤征爾80歳記念キャンペーン
http://www.universal-music.co.jp/classics/ozawa2015

リリース情報

「ベートーヴェン:交響曲第4番・第7番 水戸室内管弦楽団/指揮:小澤征爾」
2015年1月14日(水)発売
(Blu-spec CD2)UCCD-1413 3,000円+税
収録曲
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:
1. 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60
2. 交響曲 第7番 イ長調 作品92

水戸室内管弦楽団
指揮:小澤征爾
録音:2014年1月(1)、5月(2)水戸〔ライヴ〕

関連リンク

小澤征爾 ユニバーサルミュージックhttp://www.universal-music.co.jp/seiji-ozawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。