ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フレイヴァー・フレイヴ、母親の葬儀に向かう道中の交通違反で起訴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フレイヴァー・フレイヴが、母親の葬儀に向かっている途中での交通違反で起訴され、今月下旬にロングアイランドの法廷に出廷することになった。

 裁判所文書によると、同ラッパー(本名ウィリアム・ドレイトン)は先月、免停中に自動車を運転していた重罪容疑で起訴された。彼はさらに、スピード違反と悪質な自動車無免許運転という2つの軽犯罪にも問われている。

 ナッソー郡地区地方検事代理、Madeline Singasのスポークスマンは、コメントを拒否したものの、ドレイトンが1月21日に出廷することを認めている。ドレイトンの弁護士は司法取引に向け動いているという。

 ニューヨーク州ルーズベルト出身のラッパーで、パブリック・エナミーのメンバーでありTVスターでもあるフレイヴァー・フレイヴは、2014年1月9日にメドーブルック・パークウェイで逮捕された。

関連記事リンク(外部サイト)

ビョーク ニュー・アルバムを3月にリリース、収録曲などの詳細を発表
【ビルボード】オリー・マーズ マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ、テイラーなどの強豪を下し国内洋楽チャート1に
デス・キャブ・フォー・キューティー 4年ぶりの新作『金継ぎ』を4月に日本リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP