ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリーム使いがポイント! キレイなベースメイクのための朝型スキンケア

DATE:
  • ガジェット通信を≫


生まれ持った肌が汚くてもメイクで美肌に見せたい! でも、ベースメイクはうまくフィットせず、汚く崩れる化粧ノリが悪い肌質の私。
毛穴が目立ちはじめるアラサーからはますます悪化していきます。
そんな私自身の体験から、「脱・化粧ノリの悪さ」「化粧崩れしても美肌に見せる」という視点で、スキンケア~メイクのポイントを順に紹介します。
朝、保湿クリームを塗ると化粧崩れが心配…。
スキンケアは朝軽めで夜重めの人が多いですが、化粧で逆にアラが目立つようになった私は、「夜ほどほど、朝クリーム〆で徹底保護」の朝型スキンケアにシフト。
乾燥、冷気、紫外線ダメージを受けるのは、夜ではなく日中。
クリームってなんとなく夜使うイメージですが、日中受けるダメージを予防し、メイクが乗る肌をキープするには、朝こそクリーム使いがおすすめです。

クリームは「下地の下地」

プチプラ~1万円超までいろんな下地やファンデを使いましたが、土台がなっていないと、高価なファンデも角質のめくれにこびりついて、綺麗にのりませんでした。
朝メイク前に、少し重いと思うくらいのクリームを顔全体に入れるだけ入れ、余分に浮いてテカっている分だけティッシュオフ
すると、凸凹だった肌表面がツルンとして、下地もファンデもこびりつかずスルッと伸びるんです。

クリーム重視で水分量UP

また、私はコスメカウンターの肌診断で長年「油分は普通。水分が少ないです」と言われてきました。
水分量が標準~理想値へUPしたのは、意外にも化粧水や美容液の改善ではなく、油性のクリームをしっかり使いはじめてから。ファンデの浮きも改善しました。
クリームはぜひ、保湿の要といえるセラミド入りのものを。セラミドにも種類がいろいろありますが、全成分表示に「セラミド○○(数字)」とあるものは効果が高い傾向にあります。
美容液に注目が集まる昨今ですが、メイクの土台としての朝のクリーム〆、侮れません。
衣装協力/ニット・スカート(Suger Rose)、ラインストーンネックレス(imac/Amazon.co.jp)、ソックス(チュチュアンナ


(グリッティ)記事関連リンク
どんな髪でもツヤツヤうるうる。色っぽすぎる「濡れ髪」の作りかた
世界中の女子の憧れ♡ かわいすぎる「カリスマオルチャン」のメイクテクを大公開!
おメェ~でたい「ひつじ」ネイルで、指先からぽっかぽか♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP