ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一と米田哲也は軽く投げて160キロ台と小山正明氏証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投手にとって球速は強力な武器だ。球界では日本ハムの大谷翔平の162キロが最速で、155キロを超えると速さがニュースになる。しかしスピードガンが日本へやってきたのは1970年代半ばのため、かつての名投手がどのくらい速かったのか数字の記録はない。通算400勝の金田正一氏、350勝の米田哲也氏、320勝小山正明氏の3人が、現役時代の球速について語りあった。

小山:大きなカーブはカネさんの得意球だったのにね。得意球といえば僕はパームボール。当時はカネさんがカーブ、杉下(茂)さんがフォーク、広島の長谷川良平さんがシュートを投げていた。僕も何かないといかんと思って、誰も投げていないパームを選んで、握り方が載っている『野球界』という雑誌で覚えました。それを僕はワンちゃん(王貞治)対策に使った。

米田:僕はフォークでしたね。習得するのに5年かかった。指が短かったので苦労しました。風呂にボールを持ち込んで湯船の中で指で挟む訓練をしたものです。

小山:直球もいまは148キロだの、150キロを超えただのいっとるが、あんなの我々の時代ならスローボールですわ。カネさんもヨネも軽く投げて160キロ台。僕がその少し下くらいやろうね。

──本当ですか?

金田:当たり前じゃ!

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小山正明は近藤和彦、米田哲也は榎本喜八、金田正一の苦手は
いつも金田正一氏が練習で泥だらけで汗だくになっていた理由
金田正一 国鉄から金銭でなくガード下土地で年俸交渉された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP