ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キシリトールガムは効果ある? 歯磨き粉は必要? への回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビや雑誌、口コミなどで耳にして当たり前に思っている歯にまつわる常識について、『この歯医者がヤバい』(幻冬舎新書)の著者でサイトウ歯科医院(東京・渋谷)の斎藤正人院長に尋ねてみた。

Q.キシリトールガムは虫歯予防に効果がある?

A.ある程度効果がある。

「虫歯の原因は、虫歯菌が口の中の糖質を栄養として歯を溶かす酸をつくり出すことですが、キシリトールはこの働きを抑える効果があります。また、キシリトールそのものに歯の再石灰化作用はありませんが、唾液の分泌を促すことで歯の再石灰化を促します。ただし、虫歯予防の基本はあくまで歯磨きです」

Q.フッ素は虫歯予防に効果がある?

A.効果あり。

「フッ素には歯の再石灰化を促進し、虫歯菌の働きを抑える効果があります。日本では実施されていませんが、海外ではシンガポール、米国、韓国など約60か国で水道水に微量のフッ素を入れて口をゆすぐことで虫歯を予防しています。ただし、歯に透明感がなくなるので私はフッ素に反対です」

Q.歯磨き粉は必要?

A.必ずしも必要ではない。

「さまざまな歯磨き粉が売られていますが、効果はどれも『気休め程度』です。歯磨き粉にはフッ素やキシリトールなどが含まれているものがありますが、それだけで虫歯や歯周病を完全に防ぐことは期待できません。むしろ大切なのは、ブラッシングで歯間の汚れを丁寧に除去し、口内を清潔に保つことです。歯磨き粉をつけると泡立ち、いい香りがするので、それで磨いた気になって雑なブラッシングで終わるならば逆効果です」

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大人の虫歯 だらだら食べやコーヒー・緑茶の過剰摂取に注意
たばこ臭が嫌いな喫煙者 自分で吸うたびに歯磨き計1日20回
中高年のむし歯リスクが深刻化 3つの予防策を専門家が指南

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。