ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】新生ClariSが『憑物語』ED曲で初登場首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Hot Animationは『憑物語』エンディングテーマ、ClariSの「border」が初登場首位の座に着いた。

 『憑物語』は西尾維新原作による<物語シリーズ>のファイナルシーズン3部作のひとつで、アニメは全4話で昨年大みそかにスペシャル番組として、TOKYO MXやニコニコ生放送でオンエア。エンディングテーマには昨年アリスが卒業し、11月に新メンバー、カレンが加わったClariSが担当。<物語シリーズ>では『偽物語』に続くエンディングテーマ起用となり、今回の「border」で8度目の本チャート首位獲得となった。

 2位にはNTV系で放送中の『寄生獣 セイの格率』のオープニングテーマであるFear,and Loathing in Las Vegas「Let Me Hear」がチャートイン。昨年から今回のアニメや、実写映画化など映像作品が続々と発表され、原作発表から20年以上経ち、再び注目を集めていた。主題歌を務めたFear,and Loathing in Las Vegasとしては、アニメチャート初登場で好記録を残す結果に。

 3位に秦基博「ひまわりの約束」、4位にAI「Story」と映画作品の主題歌が好記録を残す中、5位に初登場したのが、フジテレビ系『ドラゴンボール改』のエンディングテーマを担当したキュウソネコカミ「GALAXY」。こちらも本チャート初登場となり、国内のロックバンドが勢いを見せている。

関連記事リンク(外部サイト)

1月19日付 Billboard JAPAN Hot Animation
プラニメ 疑心暗鬼の日々を超え……二人三脚で心の溝を埋め尽くす
中川翔子 ポケモン史上もっとも可愛い楽曲の可愛いアートワーク解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP