ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : ExoPlayerモードを有効にするとYouTubeアプリの動画読み込み時間が大幅に短縮される(ただしroot端末のみ可能)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTube の 公式 Android アプリに動画の読み込み時間や再生中の安定性を向上させる「ExoPlayer」と呼ばれる再生機能が搭載されていることが判明しました。ExoPlayer は 標準のMediaPlayer の代替となる動画再生モジュールのことで、現時点では YouTube アプリに隠された状態で実装されています。ExoPlaeyer は root 化された端末であれば有効にできます。方法は YouTube アプリの設定ファイルを改変することで、Root Explorer などの root アクセスに対応したファイル管理アプリで「/data/data/com.google.android.youtube/shared_prefs」にある「youtube.xml」を開き、序盤の「」タグの直下に次の 3 行を追加します。<string name=”exo_player_activation_type”>ADAPTIVE</string><boolean name=”enable_exo_cache” value=”true”/><boolean name=”show_exo_player_debug_messages” value=”true”/>その後、YouTube アプリの強制終了を行い、再度アプリを起動すると ExoPlayer で動作するようになります。ExoPlayer モード中は画面の下に「Using ExoPlayer」と表示されます(有効でも表示されない場合があります)。ExoPlayer では動画の再生開始時に読み込みから再生までのロード時間が MediaPlayer の半分以下に短縮されていることを確認できると思います。Source : RedditGiga.de


(juggly.cn)記事関連リンク
バンダイチャンネルがAndroid向けに「バンダイチャンネル見放題アプリ」をリリース
シャープ、AQUOSスマートフォン向けアプリ「SHビデオプレイヤー」と「SH電話帳」をアップデート
Googleアプリの最近のアップデートでJelly Bean・KitKatのGoogle Nowランチャーの外観がAndroid 5.0仕様にリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP