ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝田明 高峰秀子の「教えてあげないよ」発言が役者の魂に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本映画の黄金期を支えた二枚目スター、俳優の宝田明はタイプの異なる様々な作品に出演し続けた。初主演映画『ゴジラ』での特撮ならではの芝居の苦労や、成瀬巳喜男監督作品で共演した女優、高峰秀子にかけられた言葉についての思い出を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 宝田明の映画初主演作となったのが、1954年の東宝特撮作品『ゴジラ』だった。

「会社からは『これは東宝が社運を賭けて作る映画で、もし当たればシリーズ化したい』と言われていました。さらに、『我々日本人は広島・長崎で核の脅威に遭って、それが忘れられかけた時に第五福竜丸の被曝があった。これは、そんな日本人が世界に向けて発信するメッセージとなる作品だ』とも。

 撮影は手探りの状況でした。特撮と本編の部分を別々に撮影していたので、僕らは円谷英二さんの絵コンテを見ながら演技していました。ゴジラの向きによって、僕らのリアクションも違ってきますから。

 初めてゴジラが撮影所を歩いた時は、怖くて触れませんでしたね。でも、初号の試写でゴジラが白骨化して海の藻屑になって消えていく様を見ていると、彼も単なる破壊者ではなくて、核による被害者の一人なんだと思えました。
 
 被曝して放射能を吐く体質になったのは人間のせいなのに、今度はオキシジェン・デストロイヤーによって葬り去られてしまう。この人間の業を思うとゴジラがかわいそうで。同情を禁じ得なくなって、涙が止まりませんでした。そういう社会状況を背景にした作品だったので、単なる怪獣映画になりえなかったんだと思います」

 宝田は成瀬巳喜男監督の作品にも数多く出演している。『放浪記』で演じた高峰秀子扮するヒロインの夫役も、その一つだ。

「成瀬さんはお芝居のことは何も言わない監督でした。でも、『放浪記』の時だけは違いましたね。妻役の高峰さんが自分のお給金で夕飯のおかずを買ってきて、僕が気に入らない顔で睨む場面なんですが、成瀬さんは『違うよ、宝田君』と言うんです。僕なりに役に入っているつもりでしたが、何度やっても『違う』と。

 朝からテストを始めて、その日の夕方になってもOKが出ない。宿に帰っても、どこが違うか分からない。それで翌朝も五、六回テストしてもダメで、高峰さんに『どうしても分かりません、僕は一体どこが違うんでしょう』と聞いたんです。そしたら高峰さん、『分かっているけど、もったいなくて教えてあげないよ』って。
 
 その時、ムカムカきましてね。殴ってやろうと思ったくらいです。で、監督に『本番、お願いします』と頼みました。できる自信はないんですが、この大先輩に対するムカつきだけですよ。それでグッと睨んだら成瀬さん、『宝田君、それでいいんだ』と。僕の眼力が足りないのを高峰さんが引き出そうとしてくれたんだと思うんです。

 それから数十年して高峰さんからお電話があったのですが、その時『放浪記』の話題になりまして。
 
 高峰さんに『あの時にあなたに言った言葉の意味、分かる?』と聞かれたので『分かります。何事も自分で勝ち取らなきゃダメだという意味だと思っています。あなたの言ってくださった言葉は全て、私の脳天から爪先まで太い串となって今も貫いています。ありがとうございました』と答えました。そしたら高峰さん、電話の向こうで泣いていましたね」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた文藝別冊『五社英雄』(河出書房新社)も発売中。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故・高峰秀子さん ギャラは当時の首相・吉田茂の月給の25倍
高峰秀子 新聞投書で河野一郎大臣を「オジサン」と批判過去
高峰秀子 女優の仕事はずっと嫌いで自分の作品見なかった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP