ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PinterstやAirbnbも利用!広告に頼らないでユーザーを増やす注目のアプリマーケティングツール「Yozio」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年でスマホが多くの人に使われる事に伴って、新しいアプリがどんどんと登場し、その勢いは計り知れない。

スマホアプリは個人やスタートアップでも開発できる人材さえいればリリースができ、そこまでお金もかからないため同じ様なアプリも山のようにある。

一方で、そのアプリをたくさんの人に使って貰えるかというと別。一瞬話題になってダウンロード数が増えたとしても、次から次に新しいサービスが出て話題が去り、なかなか成長できず悩んでいるというスタートアップも多い。

そんなアプリのマーケティングの問題を、データを用いてこれまで以上に合理的に解決してくれるのが「Yozio」だ。新しいサービスながらPinterstやAirbnbが既に導入している注目のサービスである。

このサービスにはいくつか特徴があるのだが、中でも特徴的なのがアプリに関する様々なデータを収集・分析、そして改善をできる”データドリブン”な点。

ユーザーがアプリページに流入する所から、アプリをインストール、登録し、頻繁に使ったり課金をしたりするところまであらゆるデータを収集可能。それぞれの段階の現状を把握し最適化することをサポートする。

アプリのダウンロード数を伸ばすために広告を用いるケースも多いが、このサービスでは広告に頼らずにデータを基に既存のチャネルを最適化することでアプリを継続的に成長させることを目的としている。

そうしたデータを用いて、ユーザー個人個人に適した体験を提供できる点も大きな特徴。

初めてアプリを開いた際に、同一のページ・体験を提供するのではなく、それぞれにパーソナライズされた体験を提供する事で、その後アクティブなユーザを増やす事にも繋がる。

アプリのマーケティング方法に悩んでいる方は、是非一度チェックしてみてはいかがだろうか?
Yozio

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP