ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

商社幹部 日経1面飾る事業成功させれば40代で年収3000万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京商工リサーチ」の協力のもと、本誌は2013年度の全上場企業(3502社)の平均年収データを入手し、ランキングを作成した。

 ランキング上位の大手企業に共通するのは、管理職になると年収がハネ上がることだ。

 大手保険会社の40代課長は、「年収は2600万円。ボーナスだけで1000万円近い。部長になると3000万円台に乗ります」と明かすが、業界のリーディングカンパニーなら珍しくない。

 積極的に海外へ行く安倍晋三首相の「地球儀外交」に社長、会長が同行して海外へのインフラ輸出に力を入れ、7社中6社が増収増益に沸く大手商社の場合、リストの平均年収は伊藤忠商事1383万円、三菱商事1355万円だが、エリート管理職になるとそんな金額ではない。

「日経新聞の1面で取り上げられる大きなプロジェクトの成功が出世の必須条件。達成できれば40代でも年収は3000万円に届く上に、将来の役員への道が開ける」(伊藤忠幹部社員)という。成果主義が徹底され、役職給はほぼ一定だが、業績によってボーナスに大きな差がつく。

「業績が良ければボーナス1000万円、悪化すれば厳しく査定されて5分の1の200万円に減らされることもある」(同前)

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東京都議 議員報酬以外に議会出席で日当1or1.2万円支給
平均年収上位はテレビが独占 5大商社はすべてトップ15入り
ワタミの平均年収は前年比で55万円減 ゼンショーは94万円減

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP