ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2度目のメジャーデビュー決めたプールイ(LUI FRONTiC 赤羽JAPAN/元BiS)今後のヴィジョン語る「やっぱり私は歌手になりたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 横浜アリーナで解散した異端児アイドルグループ BiS。そのリーダーであったプールイ率いる新バンド LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANが、1月11日 渋谷CLUB QUATTROにてインディーズラストワンマンライブ【ジャポニカ最終ライブ~この支配からの卒業~】を開催した。

プールイ キュートなライブ写真一覧

<歓喜と光に満ちたハイトーンボイス 爆発的な多幸感を何度も何度も>

 昨年秋にポリープ手術を強いられ、復活後のライブでは喉を庇うように歌う姿も見受けられたプールイだが、この日の公演では気合漲りまくりの重厚バンドサウンドを切り裂くような、歓喜と光に満ちたハイトーンボイスで満員の観客を扇情。周囲の心配を他所に最高の歌をお届けできるよう仕上げてきた彼女と、そんな彼女の苦しい時期を支えてきたテンペスト竹内(g)や小原just begun(b)、楠瀬拓哉(dr/サポート)の生み出すグルーヴは、爆発的な多幸感を何度も何度も生み出していく。

 また、浮世絵ダンサーズなる女性ダンサーたちと芸者姿で踊り出したり、巨大なエビに扮したスタッフ(KMミュージック)と「エビマヨ詐欺」なる楽曲でエビ反りダンスを展開したり、サポート陣のテンションも尋常じゃないほど高く、自ずとオーディエンスの狂乱ぶりも目に見えて熱を帯びていく。BiSとはまた違うやり方でBiS以上のライブを目指してきたプールイにとって、 LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANにとって、目前に広がる光景はさぞ美しく映ったことだろう。

 真剣なMC時に客席のギュウゾウ(電撃ネットワーク)が最前中央でリフトしたり、その他諸々想定外のハプニングはあったものの、それすらも笑顔と熱量に変えていけるバンドの強さをこの日は幾度となく感じることができた。

<誰より早くメジャーデビュー&タイアップ決定発表 約束を具現化>

 何故ならLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANには明るい未来が見えていた。昨年末に電撃脱退したオプティマス松隈(g/松隈ケンタ)への感謝をしっかり告げ、その上で新たなフィールドへと踏み出す為の発表を行う。

 バンド名をLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANからLUI FRONTiC 赤羽JAPANに改名し、3月25日にリリースするニューシングル「リプミー」のMVを初公開、ライブ初披露。そしてプールイの口から今作でユニバーサルミュージックよりメジャーデビューすることも発表された。さらには、表題曲「リプミー」(作詞:プールイ 作曲:テンペスト竹内(g))がテレビ東京系アニメ『マジンボーン』エンディングテーマに決定したことも明らかに。奇しくも最後のBiSメンバー6人が各地でそれぞれライブを行っていたこの日、リーダーであったプールイは誰より早くメジャーデビュー&タイアップ決定を発表し、かつての「夢の続きを見せる」という約束を具現化してみせたのである。

<“光の塊”みたいな音楽>

 最後は「ここにいるみんなで一緒に武道館行くよね! 約束だよ!」と「Dear」を大熱唱、元BiSメンバーであるコショージメグミの言葉を借りれば“光の塊”みたいな音楽を届けてみせたLUI FRONTiC 赤羽JAPAN。果たして今のプールイに未来はどんな風に映っているのだろうか。終演後に話を訊いた。

◎プールイ(LUI FRONTiC 赤羽JAPAN)終演後インタビュー

--メジャーデビュー、おめでとうございます!
プールイ:あざっす。帰ってきたぜぇ!
--メジャーデビューを発表したばかりの今の心境をお聞かせください。
プールイ:ハッピーなお知らせだけできたのは、本当に久しぶり。BiSのメジャーデビュー決定以来じゃないですかね。大体マイナスかプラスマイナスゼロだったと思うので。だから良かった。みんなも楽しそうで。
--元BiSメンバー6人の中で誰よりも早いメジャーデビューとなりました。
プールイ:それがしたかったんです。
--アニメタイアップまで決まって。
プールイ:昨日誰かが「アニメのタイアップを獲りたい」って言っていたのをどういう心境で聞いていたか。
--性格悪いですよ(笑)。
プールイ:「明日発表だー」と思って聞いてました(笑)。でもこちらも決まるまではいろいろあったので。すんなり決まった訳ではなく。

--メジャーデビュー以降はどういう意気込みで進んでいくんですか?
プールイ:先日、ボイトレの先生と1時間ぐらい喋っていたんですけど、「あなたは何になりたいの?」って言われて。多分、この世界には歌手になりたくて入ってきたと思うんですよ。だけど、渡辺さん(渡辺淳之介/元BiSマネージャー)に「おまえは歌が下手だから」って超言われて、自信なくなって。それでアイドルになっていろんな仕事をやって……ブレてる訳じゃないんだけど、歌以外のことでも生きていけるんならいいなって思ってたんですよ。歌に自信なくて「歌がやりたいです」なんて恥ずかしくて言えなくて。でも先生から「そういうのを取っ払ったら何になりたいの?」って聞かれて、そのときは何にも言えなかったけど、今日のライブをやってたら「やっぱり私は歌手になりたいんだな。タレントじゃないんだな」って思えました。だから歌手として頑張っていきます。

--LUI FRONTiC 赤羽JAPANは今後どうなっていくんでしょう?
プールイ:みんなとは「いろんなことが成立しちゃうバンドになりたいね」って話していて。今日みたいにいきなり踊り子ちゃん入れてダンスしたと思えば、「あ、こんなに泣かせるバラードも歌うんだ?」って思わせたり、ひとつのバンドなんだけどいろんな顔を持っている、それでもライブがちゃんと成立するバンドになれたらなと思っています。社長いわくサザンオールスターズ。「マンピーのG☆SPOT」も歌うけど「TSUNAMI」も歌うよっていう。どっちが弱いとかなく、その両方が同じぐらい強いバンドになりたいと思ってます。もっと巧くエンターテインメントなライブをやりたいです。

--では、今後のLUI FRONTiC 赤羽JAPANの物語を見て頂きたい皆さんへメッセージをお願いします。
プールイ:メジャーも決まったし、アニメのタイアップも決まったし、みんなが面白いと思うものとはもしかしたら違っちゃうかもしれないんですけど、でも私は変わらないし、みんなと一緒に武道館へ行けたらって本当に思いますね。ひとりじゃ行けないし、前のグループのみんなの想いも引き連れて行かなきゃいけないし。あと、今は何やっても「BiSっぽい」って言われると思うけど、最終的に私は「BiSがプールイだったんだな」って言わせたいし、私が売れればそれは成立するし、テレビにも出たいし、まずは深夜の音楽番組に出て、Mステに出て、紅白にも出ちゃおうと思ってるし、いろんなフェスにも出たいし、企画ライブもやりたいし、大きいハコでワンマンもやりたいし、雑誌の表紙もやりたいし……もう言い出したらキリがないぐらいやりたいことだらけなので、その全部についてきてください!

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也

◎インディーズラストライブ【ジャポニカ最終ライブ~この支配からの卒業~】
01月11日(日)渋谷CLUB QUATTRO セットリスト:
01.サイ子
02.Drizzle
03.バイバイ
04.bells
05.PROBLEMS
06.tarite
07.浮世絵芸者に気をつけて!(with 浮世絵ダンサーズ)
08.エビマヨ詐欺(with 浮世絵ダンサーズ+エビ)
09.どうして
10.マイセルフ
11.スターライト
12.ASCENDING
13.I’m with you~シーソーゲーム~
14.瑠璃色の名前抱いて
En1.プールイ24(LFAJ ver.)
En2.リプミー
En3.感じたいよ ソバにいたいよ 新しい風と切り裂く光を
En4.Dear

◎メジャーデビューシングル『リプミー』
2015/03/25 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

プールイ ぽわん/白波多カミン/ゆゆん/the coopeez等参加写真集の表紙に
LF松プールイ ユケとの競演で復活も恩師脱退……活動休止回避なるか
元BiSプールイ率いるLF松 喉手術に活動休止懸けた戦い……胸中語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP