ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英国ウォーターボーイズが初単独来日公演 新作アルバムは1/14リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で結成31年を迎えた英国バンド、ウォーターボーイズの単独公演が4月に行われることが明らかとなった。
 
 ケルティック・フォークやアイルランドの伝統音楽、プログレ、カントリー、ゴスペルなど様々な音楽からの影響を昇華した独自の音楽性、そしてスコットランドの吟遊詩人とも評されるマイク・スコットの歌詞が高い評価を受けるウォーターボーイズ。明日1月14日(水)には、元PEALOUTの近藤智洋も参加した4年ぶりの新作アルバム『モダン・ブルース』のリリースも控えている。

 昨年のフジロックでバンドとして初の来日も果たした彼らだが単独公演は今回が初となる。単独公演ということで、新作の曲はもちろん、往年のファンにとっては念願の楽曲をライブで聴くことのできる貴重な場となる可能性も高い。

 新作『モダン・ブルース』は現在期間限定で全曲試聴も実施している。気になる人はこちらもあわせてチェックしよう。

◎『モダン・ブルース』全曲試聴
http://bit.ly/1u1s34H

◎公演情報
2015/4/6 (月) 東京・渋谷クラブクアトロ
open 18:30/start 19:30 8,000円(前売/1ドリンク別)
問い合わせ:03-3444-6751(SMASH)
※詳細は1/20(火)発表

◎リリース情報
『Modern Blues(モダン・ブルース)』
2015/01/14 RELEASE
HSE-60200
※日本先行発売、ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付

<トラックリスト>
01. Destinies Entwined
02. November Tale
03. Still A Freak
04. I Can See Elvis
05. The Girl Who Slept For Scotland
06. Rosalind You Married The Wrong Girl
07. Beautiful Now
08. Nearest Thing To Hip
09. Long Strange Golden Road
10. Louie’s Dead Body (Is Lying Right There)(※日本盤ボーナストラック)
11. Colonel Parker’s Ascent Into Heaven(※日本盤ボーナストラック)

◎iTunes予約(高音質Mastered For iTunes仕様)
http://bit.ly/1AUOdYc

関連記事リンク(外部サイト)

ウォーターボーイズが約4年ぶりの新作ALを来年1月にリリース
スフィアン・スティーヴンスが遂に新作発売を発表 新曲を使ったトレイラーも公開
キティー・デイジー&ルイス 5年ぶりの新作を引っさげ、初の単独ツアーを4月に開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP