ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

震えるほどのおいしさ! 甘みとうまみが詰まった海のミルク「カキのがんがん焼き」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月8日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では「築地で行列!絶品“海の幸”専門店」と題して、リポーターの宮脇理恵子さんが「築地カキセンター カキ小屋 築地食堂」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は2014年4月築地に登場し、「海のミルク」と呼ばれるカキを専門に扱う。その素材の新鮮さと磨かれた調理技術をもって数多くの外国人客からも好評を得ている。自慢の名物メニューは「カキのがんがん焼き」(1944円 税込み)。つやと甘みが強い兵庫県室津産のカキを使用し、日本酒などで蒸して、うまみをしっかり引き出したカキが約10個も楽しめるぜいたくな一品だ。食した宮脇さんは、「おいしすぎて震えが来ました! うまみがギュ~っと詰まってますね!」と、その味に感動した。

 カキが丸ごと4個入った「カキの釜飯」(1058円 税込み)も大人気だ。これについて宮脇さんは「ご飯にカキのうまみエキスがたっぷり詰まってますね!」とコメントした。ほかにもさまざまな産地のカキを食べ比べできる「生カキの桶盛り」(5378円 税込み)など、カキ好きにはたまらない品々が提供される。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:築地カキセンター カキ小屋 築地食堂 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:築地のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:築地×和食のお店一覧
初代オーナーシェフから百年受け継がれてきた秘伝のカツ丼を人形町で
フランス料理の老舗の味を、手頃な価格で堪能できる大人気ランチコース

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP