ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホテルのように豪華で設備が充実している高齢者施設が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚生労働省『介護保険事業状況報告』(2012年)によると、要支援・要介護認定を受けている人の数は約561万人。  「団塊の世代の高齢化を背景に、今後さらに増えていくと考えられます。近年はこうした需要の増加を見越して、一昔前とは違ってホテルのように建物がきれいだったり、設備が充実したりしている老人ホームが増えています」

 そう語るのは老人ホーム探しを支援するNPO法人「二十四の瞳」理事長・山崎宏さん。

 一般的な老人ホームには、介護保険法に基づいて都道府県知事の指定を受け、地方自治体や社会福祉法人が設置する「特別養護老人ホーム(特養)」、特定施設入居者生活介護の指定を受けた民間企業などが設置する「介護付有料老人ホーム」、指定は受けていないものの、外部の事業者を呼んで訪問介護などのサービスを受けられる「住宅型有料老人ホーム」などが挙げられる。

 厚生労働省『介護サービス施設・事業所調査』(2013年)および『社会福祉施設等調査』(2012年)によると、特別養護老人ホームは全国に6754施設で5年前と比べて約500施設増えており、有料老人ホームは7519施設で5年前と比べて3倍近く増えている。

「病院のように暗くて、寂しい雰囲気の老人ホームだけでなく、住み心地のいい施設が続々と登場しています。また、そうした施設は社員教育にも力を入れているので、スタッフのクオリティーが高い。快適に過ごしたいと思う人は一度、見学に行ってみるといいでしょう」(山崎さん)

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「高齢者施設」の主な種類と概要 サ高住等5種の施設の違い
サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」 老人ホームとの違いは
特養老人ホーム入所への待機期間は平均1年3か月、最長11年

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP