ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士山絶景 富士急ハイランドのFUJIYAMAから雄大な姿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冠雪した冬の富士山は、ダイナミックでありながらも、優美ささえ湛え、その存在感はまさに別格といえる。そんな冬の絶景ポイントは? 4人の富士山ウォッチャーに聞いた。

 富士山のお膝元として知られる山梨県。山梨日日新聞電子版の人気コーナー「きょうの富士山」を担当し、自らも毎日写真に収めている笠井憂弥さんが絶景ポイントを教えてくれた。

「富士吉田市では、どこからでも富士山が見えるので、小学校の校庭など町から見える富士山も捨てがたい。ですがやっぱり山中湖や河口湖など湖から見える富士山が、障害物もなくきれいですね」

 それでは、きれいな富士山を見るコツは?

「いちばん富士山がきれいに見えるのは早朝。空気も澄んでいるし、空と富士山の境がはっきりしています。天気の良い早朝、まだ船が出ておらず、水面に波が立っていない湖ならば、湖面に映り込む富士山もきれいに撮れる。特に冬は、山頂に雪がかかっているので、みなさんが『これぞ日本の象徴』と思われるような富士山に出合えるはずです」(笠井さん)

 また、富士急ハイランドにも富士山がきれいに見えるポイントが多い。

「写真に撮ることはできませんがキング・オブ・コースターFUJIYAMAから見る富士山は絶景です。どこがそのポイントなのかを知っていただき、しっかりつかまってご覧ください」(富士急行宣伝部・金子泰樹さん)

「富士山撮影のオンシーズンは、10月の後半から3月の上旬ごろまで。気温が上がると雲が湧きやすくなるので、夏は思うように撮れません。登山のシーズンと真逆なんですね」

 そう語るのは、富士山の美しさに魅せられ、仕事を辞めて静岡に移り住み15年にわたって撮り続けてきたカメラマンの檀林正浩さん。「やはり冬の富士山は格別」だという。

「冬は空気が澄んでいるので遠くからでもきれい。東京や江ノ島からも見えますが、おすすめは富士山から少し離れた三保の松原。冬場は西風が吹き、駿河湾に向かって白波が立ち、迫力のある写真になります。しかも風が空気中の埃を取ってくれるのでヌケがいい。

 時間は少し早いのですが日の出のころがおすすめです。冠雪した山肌に朝日が射してピンクになる縁起のいい『紅富士』が見られるチャンスがあるからです。逆に午後になると太陽が西へ動いて、山全体に光が当たり陰影がなくなり、全体的にべったりした印象になってしまいます。日の出が難しくても朝9時ごろまでに撮影すれば、立体感ある表情豊かな冬の富士山が写真に収められます」(檀林さん)

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福島、八丈島、電車、都内…あらゆる場所から富士を眺めた本
赤く染まった富士山に雲龍が舞い上がるレッドドラゴンの写真
世界遺産登録で売り上げ3倍 “富士山仕様”のカラーコーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。