体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」が横浜駅周辺に1軒もないのはなぜ?

全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」が横浜駅周辺に1軒もないのはなぜ?

横浜のココがキニナル!

横浜駅周辺に一件もマツモトキヨシがないのは何故?東京の都心部や川崎や伊勢佐木町にもあるのでとても不思議です。あそこまでの規模のドラッグストアならありそうなのですが。(あんまきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
マツキヨは2000(平成12)年から2006(平成18)年ごろまで横浜西口にあったが閉店。2014年11月13日横浜駅のダイヤモンド地下街にオープン!

多くの人が一度は目にしたことがあるドラッグストア「マツモトキヨシ(以下、マツキヨ)」の黄色い看板。“創業者の名前がそのまま付けられた”店名とともに一度目にしたら忘れられないインパクトを放っている。

「マツキヨ」は駅前にあるイメージだが、横浜駅周辺にはない。

全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」が横浜駅周辺に1軒もないのはなぜ?

OSドラッグやHACなどのドラッグストアは西口周辺にあるが・・・

「マツキヨ」が横浜駅周辺にないのは一体ナゼなのか? 同店を運営する「株式会社マツモトキヨシホールディングズ(以下、マツモトキヨシホールディングズ、資本金220億5100万、従業員数1万4616人)」に取材を申し込み、尋ねてみることに!

「マツキヨ」の知られざる歴史

広報の高橋伸治(のぶはる)さんにお話を伺う。創業者の松本清氏(1909年-1973年)は千葉県生まれ。小学生のころ、松本少年は「校長先生がこの世で一番エライ」と思っていた。しかし、校長先生は、学校に訪問した県議会議員にはぺこぺこと頭を下げていたらしい。そこで「県議の方が校長先生より偉いんだ」と悟った松本少年。将来は県議になろうと決意。県議になるには「事業で成功しなくてはなれないだろう」という想いを抱いていた。だが、早くに父を亡くし、母が一生懸命働く姿を見て高等小学校への進学を断念。尋常小学校を卒業後、上京して丁稚奉公へ。

全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」が横浜駅周辺に1軒もないのはなぜ?

創業者の松本清氏

「奉公先が薬屋だったことから薬の勉強を始めたんです」と高橋さん。星製薬商業学校(現・星薬科大学)を出て薬種商免許を取得し、1932(昭和7)年千葉県東葛飾郡松戸町(現・松戸市)に「松本薬舗」を開業。

高橋さんによると、「当時の店舗は昔だったので小さな店舗だったと思いますよ」とのこと。

全国展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」が横浜駅周辺に1軒もないのはなぜ?

創業時の店舗の様子

「松本薬舗」はJR常磐線北小金駅の駅前に創業したという。北小金駅前にオープンしたのは出店を想定していた我孫子駅から松戸駅までの間で「北小金駅だけ駅前に薬局がなかったから」。“競合店のいない駅前に店をオープンする”のが今も続く当時からの経営理念だったようだ。

1947(昭和22)年、松本氏は千葉県議会議員に初当選し、子どものころからの夢を叶えた。1969(昭和44)年には千葉県松戸市長に初当選して「すぐやる課」を創設。名物市長となった。

1954(昭和29)年には「有限会社マツモトキヨシ薬店」を設立し、商号を変更。「マツキヨ」のターニングポイントは1987(昭和62)年にオープンした上野アメ横店。

1 2 3 4次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。