体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpool 地元大阪松原市の成人式でサプライズLIVE実施、今夏に初の単独野外が決定

flumpool 地元大阪松原市の成人式でサプライズLIVE実施、今夏に初の単独野外が決定

デビュー5周年イヤーを終えたflumpoolが、1月12日、彼らの地元である大阪松原市の成人式にてサプライズLIVEを行った。

今回、松原市文化会館にて行われた成人式でのサプライズLIVEを行った経緯は、ヴォーカル山村隆太が学生時代、好きだった音楽から離れがちになり、教師の道に進みかけていた時に、教育実習として訪れた学校の生徒が、時を経て成人を迎える年齢となることから、教え子達の記念すべき成人を祝う為に、何をさしおいてもその成人式でライブを行いたい!という山村の強い希望があったからである。

教育実習に訪れた当時、地元中学校に入学したばかりの1年生を担当することとなり、その実習期間が終わる最後のホームルームで山村はオリジナル楽曲を一人でギターを弾きながら歌った。その場にいた多くの生徒が真剣に耳を傾け、涙ながらに感動を伝えたという、その出来事が、何より音楽の道に進むべきか、教師の道へ進むべきか、悩んでいた山村の背中を押すこととなり、自分の進むべき道を示してくれたということが、その意思に結びついた。

成人式当日。“本日は松原市出身の皆さんの先輩たちがお祝いに駆け付けてくれています!”とのアナウンスで幕が上がりはじめ、「花になれ」のイントロがスタート。幕が上がり切ると、そこにはflumpoolが。どよめきと大歓声の中、「社会に出ると楽しい事も苦しい事もありますが、一緒に戦っていきましょう!」と激励し、「君に届け」「星に願いを」など全4曲を披露し、会場を訪れていた新成人に力強い歌声でエールを送った。

そして、今回はもう一つのサプライズがあった。ライブを終えた後のMCで、今年8月に自身初の単独野外LIVEを、彼らの地元大阪にあり、いまだかつてライブが開催された事が無いという会場にて、開催することを発表。この日一番の大歓声が上がった。

この野外LIVEは“原点回帰“と”故郷へのエール“をテーマにした、flumpool史上最大規模のライブとなる予定とのこと。

野外LIVEについて
flumpoolのメンバーが生まれ育った街、大阪。

デビュー前には数々の路地でストリートライブを繰り返し、
喜びも、哀しみも、悔しい想いさえも、音楽と共に味わってきた大阪。
そんな大阪でこの夏、flumpool初となる単独野外LIVEを開催することが決定しました!

2014年にデビュー5周年イヤーを終え、新たな段階に突入する2015年。
そのスタートは自分達の原点回帰と故郷へのエールを!

メンバーが記念すべき初の野外ライブの会場として選んだのは、バンドが結成されたflumpoolの原点である場所、
大阪松原市の隣にあり、小さな頃から慣れ親しんでいる「大泉緑地公園」。
これからのflumpoolが奏でていく音楽を表現するにもここでのシチュエーションしか考えられないと思い選んだこの場所。
太陽の光と青空のもと、緑に囲まれ風と草の匂いに包まれた環境でメンバーのありのままの姿をお見せ出来るように、
全国各地からいらっしゃるお客さまともこの大阪の地で出来るだけ一緒に過ごせるように、
そして自然と共に地元の方々にも優しい2日間になるように、日没前には終演予定のDAY SCENEでのライブになります!

この夏は、かつてライブが一度も行われたことのない会場を、flumpoolが初めてライブ会場に変え、
最高の音楽空間を創り上げる瞬間を目撃してください。
そして、これからのflumpoolを体感しながら、緑に溢れた広大な緑地で太陽がてりつける青空のもと、
おもいっきり楽しい2日間を味わっていただきたいと思います!

野外LIVEについてメンバーからのコメント
Vo.山村隆太
2015年8月8日と9日の2日間、僕たちのふるさと大阪にある大泉緑地公園にて
flumpoolとして初となる夏の単独野外ライブを開催することが決定しました!

このライブを開催するに至った理由が2つあります。
1つ目は、昨年デビュー5周年目の全国ツアーと、アリーナ4daysライブが終わり、
僕達が次のステージに進むためには、自分達が本来歌いたかったメロディーや伝えようとした歌詞、
バンドとして無邪気に楽しみながら演奏していた頃の自分達を再確認しなければならない必要性を感じたのです。

思い返せば音楽を始めた頃、僕らは抱えた喜びも憂いも全部伝えたくて地元大阪の地でストリートライブをしていました。

それぞれが別の楽器を手にとり、メロディーを紡ぎ、リズムを合わせ、メンバー同士の音楽性や人生観、
価値観に時にすれ違いはあれども、互いの共通点に気付き、認め合いながら、たくさんの方々に支えられてやってこれました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会