ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【USAレポート】 現地スーパーで増える日本の調味料 vs 韓国のり

DATE:
  • ガジェット通信を≫


海外のスーパーで日本食を見かけることが増えてきた。例えば、しょうゆ、味噌、豆腐、寿司のりなど。寿司パックのようにすでにできあがった商品から、近ごろは調味料も多い。商品のラベルをよく見てみると、日本でもおなじみの「キッコーマン」。現地法人ががんばって普及している努力もチラリと垣間見られる。

一方、こちらも続々と増えているのが、韓国のり。そう、日本でもよく売られているちょっと大きめの海苔パックだ。さすがに欧米のスーパーで、韓国人のソウルフード・キムチまで売っているのはほとんどまだ見かけない。しかし、バイタリティ豊かな隣国の方々のことですから、数年後には置いてある可能性大か、とも。
しょうゆをはじめとした和食ベースのソース類は皆、「調味料」のコーナーにある。近年、「TERIYAKI(照り焼き)」ブームなのか、照り焼きのソースを見かけることが多くなった。いったいどんな味がするのか気になるところだが、各地を転々とする旅人の身で、瓶詰めのソースは手が出せず、日本まで持って帰る自信もまだなく。でもとにかく増えている。
海外滞在が長くなるにつれ、日本食が恋しくなっても、ただ調味料に手を出しづらい、そこで重宝するのが韓国のり。欧米のスーパーでは1パックから売られていて、韓国や日本で買うよりは少しは高いが、ちょっとつまむにはちょうどよく、冷蔵も不要なので非常食代わりにも。ニューヨークのコリアンタウンに行けば確実に入手できる。
ただ注意しないといけないのは、アメリカのスーパーで「スナック」のコーナーに置いてあったこと。アメリカ人にとっての韓国のり、ごはんと一緒に食べるのでなくお菓子だった。
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコ・プラハ ホテルにキムチも! 韓国人観光客に大人気な理由
ランチがピーナッツだった! 韓国LCC「チェジュ航空」搭乗記
韓国に増えつつある?「dorayaki」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP