ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド発祥の健康美容法!「アーユルヴェーダ」って何?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Risa Okamoto「スリランカ*アーユルヴェーダでデトックス旅」アーユルヴェーダの食事

夢はジェットセッター! 1か国に1か月ずつ暮らす旅をしている、トラベルライターのKANAです。

アーユルヴェーダって知ってる?

みなさんは「アーユルヴェーダ」を知っていますか?日本では、アーユルヴェーダと聞くと、頭にオイルを垂らすエステのようなものと認識している方も多いようです。しかし、本物のアーユルヴェーダはエステなどではなく、もっともっと奥深い、古くから伝えられてきた健康で美しく過ごすための東洋医学なのです。

今回は、日本で最大級のインドフェスティバル「ディワリ・イン・ヨコハマ」でブースを出していた、アーユルヴェーダビューティーカレッジの校長先生、新倉亜希さんにお話を伺いました。

本物のアーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語の「アーユス(長寿)」と「ヴェーダ(知恵)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド発祥の伝統医学。病気になりにくい体をつくる予防医学で、インド5000年の歴史を誇ります。アーユルヴェーダでは、人はそれぞれ「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カファ(水)」というおおまかに3タイプの性質に分かれるそう。

私は先生に診てもらったところ、風の性質をもつヴァータタイプで、このタイプに合った食材や、避けたほうがいい食べ物、気を付けるべき行動などを教えて頂きました。病気の治療に加えて、病気になりにくい体を作るのがアーユルヴェーダの考え方。このようにアーユルヴェーダとは、自分自身の心身の健康状態を知り、「ドーシャ」という病素を溜めない秘訣を教えてくれる、伝統ある予防医学なのです。

アーユルヴェーダにかかせないスパイス

最近では、発祥したインドの近くにあるスリランカでも、アーユルヴェーダを体験できるスパリゾートが増えるなど、インド以外の国々での広がりもみせています。

Risa Okamoto「スリランカ*アーユルヴェーダでデトックス旅

先進国で浸透しつつある、アーユルヴェーダの考え方

私は、アーユルヴェーダのような素晴らしい東洋の予防医学が、もっと日本でも浸透してほしいと思います。病気になってしまう前に、普段から食や健康に気を使って、定期的に毒素を溜めないようにすれば、さらに充実した毎日を過ごせるでしょう。

Risa Okamoto「スリランカ*アーユルヴェーダでデトックス旅」アーユルヴェーダの医師が処方してくれた薬

ヨーロッパやアメリカの先進都市では、食などにもこだわり、内面から気を使う人が多いそうです。オーガニック食材やハーバルなど、体にいいものを扱うお店が街中にもたくさんあり、気軽にとり入れられる環境が整っています。

参考:「世界中のセレブが注目!アメリカのヘルシーな食文化とは

インドへ行くなら、エアインディア

photo by http://www.airindia.in/

最近では女性を中心に、癒しのアーユルヴェーダや、食べて綺麗になれるインド料理を堪能しに、インドでも南部に旅する方が増えているようです。しかし、せっかくインドに行くならデリーやコルカタなど、有名な場所にも行きたいという人におすすめなのは、インドの航空会社「エア インディア」。

photo by http://www.airindia.in//マスコットキャラクター

エア インディアなら、追加料金なしで、インド国内各都市へ乗り継ぎが可能なのです。成田からはデリーへ直行便もあり、大阪からは乗り継ぎ一回で、デリーまたはムンバイへ渡航が可能。エコノミークラスでも2個まで荷物が預けられ、インドへ最短・最速で行くことができます。

さいごに

みなさま、少しでもアーユルヴェーダに興味を持って頂けましたでしょうか? スリランカでは、アーユルヴェーダ専門の至福のスパリゾートがいくつもあります。次回はその中でも人気ナンバー1を誇る、芸能人もお墨付きの、体の奥底からデットクスできる噂の施設をご紹介するので、楽しみにしていてくださいね!

(ライター:KANA「オシャレ旅BLOG」「TRAVEL PHOTO集」インナービューティー講師の経験を活かし、トラベルの他、世界の美や健康に関する記事も執筆中。)

取材協力:アーユルヴェーダビューティーカレッジ校長 新倉亜希さん

関連旅行記はこちら

*Risa Okamoto「スリランカ*アーユルヴェーダでデトックス旅
*Mio Sugiyama「Sri Lanka ~アーユルヴェーダとヨガの一人旅~
*Ayane「スリランカ〜温かみのある人々と大地に触れる旅〜

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP