ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一 国鉄から金銭でなくガード下土地で年俸交渉された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年のプロ野球最多勝は、セ・リーグが阪神・メッセンジャーと中日・山井大介の13勝、パ・リーグはオリックス・金子千尋の16勝だった。30勝で年間最多勝利を争っていた時代の金田正一氏は通算400勝、米田哲也氏は350勝、小山正明氏は320勝であわせて1070勝。日本球史上で勝利数トップ3の3人が、もし自分たちが今、現役だったらと契約更改を想像してみた。

小山:しかしこの3人が今の時代に投げていたら球団はどれだけの年俸をくれるやろねェ。今は3年連続で10勝したら億ですよ。カネさんみたいに20勝を14年やったらどうなりますのん。国鉄(ヤクルト)で続けていたら、頼むから辞めてくれといわれてまっせ。

金田:実際にあったんだよ。国鉄が「もうカネを払えないからガード下の土地をもらってくれ」といってきた。ワシは「現金をよこせ」といってもらわなんだけどね。ワシは20勝するからカネを出せと交渉していた。達成できなかったら減俸でね。

米田:昔は20勝してようやく仕事をしたと思ったもんですよね。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本球界の勝利数トップ3が一堂に会す 合わせて1070勝815敗
金田正一氏「最後の年に399勝で終わってたら翌年2桁勝てた」
オリックス 山口高志の「14」つけた選手のほとんどが短命に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP