ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝、最大12WのQiワイヤレス充電ソリューションを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝が最大 12W という従来よりも高い電力でバッテリーを充電できる Qi ワイヤレス充電ソリューションを開発したと発表しました。東芝は今回、レシーバー IC「TC7765WBG」とトランスミッター IC「TB6865AFG Enhanced Version」を開発。レシーバーはWireless Power Consortium(WPC) Qi 規格の低消費電力版 v1.1 に基づき開発されました。2015 年 1 月下旬よりサンプル出荷が行われ2015 年 6 月より量産が始まる予定です。市販品の多い Qi v1.0 準拠の製品では、出力は 5V / 1A で、電力は 5W まででしたが、東芝の開発したレシーバーの場合、出力は 7 ~ 12V / 1Aに高められ、最大 12W の電力で充電することが可能になりました。従来の 2 倍強の電力を実現したことで、Qi ワイヤレス充電に対応したスマートフォンの充電時間の短縮、タブレットやノート PC をはじめとした大型機器への展開の加速にも期待されます。Source : Business Wire


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Oneスマートフォン(MediaTekプロセッサ)がCyanogenModのサポート対象に追加される
Samsung、厚さ6.3mmの最薄Galaxyスマートフォン「Galaxy A7」を正式発表
Moto X Pro の実物写真、ホワイトモデルは前面までも白

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP