ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年前半 震度5以上の地震警戒すべき首都圏・東海エリア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地震学会に「門外漢」と無視されながらも、測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授の地震予測法「MEGA地震予測」は確かな実績を残してきた。本誌記事で指摘した地震発生危険エリアは、ことごとく的中を続けている。

 では、2015年前半に震度5以上の地震が起きる可能性が高い地域はどこなのか。

 村井氏が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)の協力のもと、「異常変動全国マップ」の2015年版を作成したところ、【首都圏・東海警戒ゾーン】が指定された。

 MEGA地震予測では常に大地震が警戒されてきた地域だが、今回はゾーンが房総半島まで拡大された。

「水平方向の変動に注目した場合、千葉から首都圏、神奈川、伊豆大島、三宅島などは周辺とは違う動きをしているため、房総半島もゾーンに加えました。

 近年の研究では、関東大震災の最初の震源は神奈川県西部の大井付近だったとされている。しかし、関東大震災がそうだったように、都心部は地盤が緩いため震源が遠くても震度が大きくなる。

 このゾーンのどこで地震が起こっても広範囲で危険があると考えたほうがいいでしょう」(村井氏)

*JESEAでは、毎週水曜日にメルマガ『週刊MEGA地震予測』を月額216円で発行している。詳しくはhttp://www.jesea.co.jp/

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2015年前半 震度5以上の地震を警戒すべきな奥羽山脈エリア
2015年震度5以上の地震警戒エリア 北海道十勝・釧路・根室
異端の東大名誉教授 13日朝の関東「震度4」も予測していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP