ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

予想外の厳冬を乗り切る 家電ウォッチャー選抜注目暖房器具

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この冬は「暖冬」の予報に反して寒気に包まれている日本列島。寒さが最も厳しくなるといわれる「大寒」を前に、自宅の暖房対策も整えておきたいもの。そこで、デジタル系や家電に詳しいジャーナリストの小口覚さんに、今シーズンの暖房器具のオススメランキングを挙げてもらった。

 暖房器具といっても、用途も効果もさまざま。そこで、【1】すぐに暖かくなる、【2】体に優しい・安心、【3】節電の3つの目的別にオススメをご紹介。

【1】すぐに暖かくなる

「朝、起床して着替える時に暖まりたい」「帰宅してすぐに暖まりたい」なんて時に、手軽に使えるのがヒーター。すぐ暖まると一時流行ったハロゲンヒーターは、電気代もかかるため最近は見かける機会が減ったが、その流れを汲んだ新しいヒーターが各社から続々と。

1位:コイズミ『KKS0943』
「0.2秒で立ち上がるグラファイトヒーターです。通常のヒーターは立ち上がりに数秒かかるのに対し、すぐ立ち上がる。早さでダントツということで1位に挙げました。遠赤外線で体の芯から暖めます」(小口さん、以下「」内同)

2位:±0『1000W カーボンヒーター XHS-Y410』
「一般的な種類のカーボンヒーターです。ハロゲンヒーターよりも消費電力が小さく、すぐに暖まる。こちらも遠赤外線効果により、体の芯まで暖めます」

3位:パナソニック『エアコン Xシリーズ』
「エアコンは稼働するまでに数分間のウオーミングアップがありますが、このエアコンは運転する時間帯を学習し、スイッチオンですぐに温風が出ます。つける時間が決まっている場合にはオススメです。フラップの形状などが進化し、冷えがちな足元を35℃に保つことができます」

【2】体に優しい・安心

 小さな子供がいる家庭では、ストーブは小さい子が触ってやけどすることもあって危ない。また、石油ストーブは空気が悪くなるため換気が必須。その対比となるのがオイルヒーター。

「オイルヒーターの良い点は、空気が汚れず、風が出ないから乾燥もしません。悪い点は、電気代がかかるわりに暖かくなるまでに時間がかかることです。すぐに暖まりたい時や、一時的な使用には向きませんが、一日中家にいる場合や赤ちゃんのために使うのにオススメします」

1位:バルミューダ『SmartHeater2』
「オイルを使わずに部屋全体を暖めるアルミラジエーター方式によって、ほこりを立てず空気も汚さず、オイルヒーターより5倍の立ち上がりスピードを実現しています。ラジエーター表面の上限温度が設定できたり、バルミューダは、今までにない新しく珍しい製品を作っている会社で、スマートフォンから遠隔操作ができるところも流行に乗っています」

2位:デロンギ・ジャパン『デロンギドラゴンデジタル』
「フィンの表面温度を60℃に抑え、触ってもやけどしにくいオイルヒーターです。部屋の空気を乾燥させずに暖められます」

3位:シャープ『HX-D120』、パナソニック『DS-FKX1205』
「電気ヒーターは空気を乾燥させるので、加湿器の併用タイプがおオススメです。ヒーターと加湿器が一台で済むので場所を取りません。シャープの『HX-D120』は、プラズマクラスター機能を搭載した加湿セラミックファンヒーターです。室温だけでなく湿度をもコントロールしてくれます。

 パナソニックの『DS-FKX1205』も加湿機能付きセラミックファンヒーターで、カビ菌、ウィルスなどの抑制効果を持つナノイー機能も搭載しています。これらの製品は、ファンが付いているので部屋全体を暖める能力はあるものの、暖まる範囲は狭いので小さい部屋向きといえます。オフィスでも自分の周りだけ暖めたい時にいいですね」

【3】節電

 空気を暖めるより直接体を暖める方が、効率がいいし電気代もかからない。省エネの観点から挙がったのが以下3点。

1位:無印良品『フットヒーター』
「足元を暖めればなんとかなる!ということで、昔からある足温器も今はさまざまな形がありますが、これは机の下などに置いて足を暖めるコンパクトなヒーターです。ブランケットなどを併用するとかなり寒さがしのげます。電気代は1時間約0.6円ですし、電力も小さいのでブレーカーが落ちる心配もありません。自宅でも会社でも使いやすいタイプです」

2位:山善『ハイブリッド式こたつ』
「スマート家電グランプリ」で金賞も受賞した4人がけダイニングテーブル型のこたつ。1人用の『デスクこたつ WLK-F8051』もある。

「震災以降、こたつが省エネと人気です。ただ、こたつはそのまま寝てしまったりして人間をダメにしますよね(笑い)。その点、ダイニングテーブルになっていてイスなので寝てしまうこともないし、カーボンロングヒーターを採用していて布団がなくても暖かい。遠赤外線で芯から暖めます。布団もなく、テーブルの傍にヒーターを置かなくて済むので見た目もすっきり。電気代も、弱なら1時間約2.7円程度です」

3位:富士通ゼネラル『HC-30D3A』
「電気カーペットは面積が広く電気代がかかると言われますが、この製品は暖房面積を3面7通りに切り替えることで節電を実現できます。人がいる両サイドだけ、一部だけなど切り替えができて効率的です。部屋が暖まりすぎたら、室温センサーにより自動で止まり、暖めすぎを防止する機能も付いています。電磁波は99%カットされていて安心です」

 全体的に見ると「センサーで人がいるところだけ暖かくしてくれる機能なども付いている最新型のエアコンを使うことが、省エネで、空気を汚さずやけどの心配もいらず、ランニングコストも良いので一番」と小口さん。ただし、値段も高くそうそう買い換えられるものではないので、買い換え予定のない人は、自分のライフスタイルに合った暖房器具を使い分けてこの厳冬を乗り越えたい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家電専門家が語る暖房選び コスト面ではエアコンが最も優秀
エアコンは大型ならば8割の力で暖められるので本体が長持ち
エアコンと石油ファンヒーター どっちが暖房費お得かに結論

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP