ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱ティッシュ携帯女子が増殖 街のティッシュ配り激減も要因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子の「カバンの中身」の定番といえば、化粧ポーチ、あめちゃんポーチ、ハンドクリームにハンカチなど色々あるが、実際には使っているのに決して見せてくれないものがある。箱ティッシュ、またはトイレットペーパーだ。

「箱のままティッシュを持ち歩くようになったのは、ひどい風邪をひいたときから。通学に1時間以上かかるから使い切って足りなくなる。駅でポケットティッシュを買うにしても高いし、すぐになくなります。思い切って箱ティッシュをカバンに入れたらちょうどよかった。箱ティッシュなら、家にあるものを持ってくればいいからお小遣いも減らないし、何かと便利ですよ」(都内の女子高校2年生)

 駅前で配っているポケットティッシュをもらえばよいと思うかもしれないが、街で配られている程度では「全然、足りない」(前出の女子高生)そうだ。

 アメリカでメイク落とし用として「クリネックス」が発売されたのが1924年。ティッシュペーパーの歴史はこのとき始まったと言われている。日本には第二次世界大戦後の1953年に上陸し、同年に国産製品も発売された。世間に広まったのは、東京五輪が開催されカラーテレビが普及した1964年のこと。日本初の箱入りティッシュが発売され、ワイドショーの生CMで繰り返し宣伝されたことで広く認知されたのだ。

 携帯用ティッシュは1964年11月に発売されていたが、広まったのは宣伝用ポケットティッシュが考案された1968年以降のこと。1970年ごろから銀行の粗品として使われるようになり、それまで広告に使用されていたマッチに代わり、業種を問わずポケットティッシュが販促に使われるようになったからだ。そのためか、ポケットティッシュは買うものではないと思っている人も多いだろう。ところが最近は、もらえる回数が激減している。

「3年前に花粉症になるまでは、ポケットティッシュがこんなに高いとは知りませんでした。最初はもらったティッシュをケースに入れて持ち歩いていたんですが、全然足りない。10年くらい前のことを思うと、街のティッシュ配りが激減してますよ。なくなると買っていたけど、積もり積もるとけっこうな出費です。次のシーズンからは、自宅の箱ティッシュから中身を抜いて、通販で買った専用ケースに入れて持ち歩いています」(30代女性・会社員)

 鼻風邪、または花粉症になったことだけではなく、利便性を重視して箱ティッシュを持ち歩くようになった女性もいる。

「何かと便利なんですよ。化粧直しをしたらポケットティッシュ1個なんてすぐになくなっちゃうし、買うと高いから恐る恐る使わないとならない。その点、箱ティッシュだったら気にならない。自宅の箱ティッシュ買い置きがなくなったら、トイレットペーパーをカバンに入れて持っていくこともありますよ」(20代女性・小売業)

 とはいえ、箱ティッシュやトイレットペーパーを持ち歩いているとは公言しづらいようだ。前出の小売業女性が、あるフリーペーパーの企画で同僚と一緒にカバンの中身を公開することになったとき、入っていたトイレットペーパーはカバンにおさめたまま、化粧ポーチや手帳などを出して見せた。

「トイレットペーパーをそのまま出したら、女子力なさすぎると証明するようなものじゃないですか。そこは女子らしさを演出しないと(笑)」

 便利であること、経済的であること、女子力を保つこと。箱ティッシュ女子は、3つの絶妙なバランスをとっているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
震災後の供給不足で個室ビデオ店から予備の箱ティッシュ消滅
災害時の非常持出品 「小旅行に行くときの準備を」と専門家
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP