ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の女性 笑って泣いて心満たす内面充実映画を求める傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年はいったいどんな映画が流行ったのか? その結果からどんな傾向を読み取ることができたのだろうか。洋画・邦画それぞれの興行収入ベスト5は以下のとおりとなった。

◇2014年洋画興行収入ベスト5

1位:アナと雪の女王(254億7千万円)
2位:マレフィセント(65億3千万円)
3位:GODZILLAゴジラ(32億円)
4位:ゼロ・グラビティ(31億8千万円)
5位:アメイジング・スパイダーマン2(31億2千万円)

◇2014年邦画興行収入ベスト5

1位:永遠の0(87億6千万円)
2位:STAND BY ME ドラえもん(83億8千万円)
3位:るろうに剣心 京都大火編(52億1千万円)
4位:テルマエ・ロマエII(44億2千万円)
5位:るろうに剣心 伝説の最期編(43億3千万円)

※「文化通信社調べ」 数字は一部推定2014年12月上旬現在。

 その中で、断トツ人気だったのが、“アナ雪”現象まで巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』だった。そう振り返るのは、映画ジャーナリスト立田敦子さん。

「興行収入は250億円を超え、2位と倍以上の差をつけての大ヒット。ディズニー映画史上初のWヒロインに加えて、主題歌『レット・イット・ゴー』も松たか子さん(37才)やMay J.さん(26才)らの歌声が街中のあちこちから流れ、見て、一緒に歌いたくなる作り方がヒットの要因だったと思います」(立田さん・以下同)

“アナ雪”旋風は日本のみならず、世界規模で広がり、実際に映画館に何度も足を運んだ人が多く、話題となった。

 また、同じディズニー映画では、アンジェリーナ・ジョリー(39才)主演の『マレフィセント』も65億円を超える大ヒットを記録した。

「マレフィセントは、『眠れぬ森の美女』で魔法をかける魔女ですが、これに隠された究極の愛が、ディズニーファンの心をくすぐったのかもしれません」

 邦画では、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』が興行収入No.1に輝いた。

「この作品は2部作で100億近いヒットとなりましたが、やはり漫画原作ものは強い」

 大作がウケる一方で、大人の女性たちはまた違う映画のセレクトをしているという。

「ここ最近は、『チョコレートドーナツ』など、ミニシアターで上映される作品にロングランヒットするものも多いんです。

 ほろりと泣けるものや、くすっと笑える作品。そして、女性たちの共感を得やすいのは、料理ものですね。45才以上の女性たちは、激しいアクションものよりも、ほろりとくる映画を好むようです」

 笑って泣いて心を満たし、食映画で胃袋まで満足させる。そんな、内面充実系映画を、大人の女性は求めているのかも。

※女性セブン2015年1月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国映画市場 前年比36%増で日本を抜き米に次ぐ世界2位に
大ヒット『アナ雪』 雪の女王エルサは初期段階では悪役だった
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP