ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西安事件の張学良 蒋介石ら国民党が共産党に負けた理由語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日中戦争時代、中国東北部の馬賊、張作霖の長男で、中国国民党の蒋介石・軍事委員長の身柄を拘束した西安事件の首謀者、張学良氏が晩年、中国国民党が中国共産党に敗北した原因について、「国民党は中心的な思想をもっていなかったからだ。それに比べて、共産党は共産主義思想を信仰にまで高めており、それが革命の原動力になった」と指摘し、共産主義を高く評価していたことが分かった。北京市政府機関紙「北京日報」が報じた。

 張学良は国共合作を主張していたが、これに反対する蒋介石が1936年12月、張学良を説得するため、西安を訪れた際、蒋介石を捕らえ、国共合作を実行するよう説得。蒋介石が納得したため、張学良は蒋介石の身柄を解放したが、反逆罪で逮捕され、懲役10年の刑を受けた。その後、恩赦で釈放処分を告げられるが、蒋介石は張学良を幽閉し続け、自由を奪われた期間は50年に及んだ。

 張学良は晩年、釈放され、ハワイで過ごし、自身の死後、公開することを条件に米コロンビア大学の研究者のインタビューに応じて、西安事件の内幕などを語っていた。張学良が共産主義を評価していたことは、このインタビューで明らかにしていた。

 それによると、張学良は国民党の方が共産党よりも数倍も強力な軍隊や兵器、さらに資金をもっていたが、結局、国民党が勝てなかったのは、中心的な思想がなかったためで、共産党軍は一種の信仰に近い共産主義思想をもっていたことを評価。張学良は後に首相になる周恩来ら共産党の最高幹部と接するうちに、「共産党は明確な目標があり、理想がある」として、張学良自身も共産主義に共鳴し、思想をともにするようになったという。

 これに比べて、国民党は孫文が提唱した三民主義(民族主義,民権主義,民生主義)を党の指導理念としたが、党の指導者が各自、自身の利益を優先し、共産主義のように信仰の部分にまで高めることができなかったと分析。

 最高指導者の蒋介石自身も利己主義的な傾向が強く、有用な人材を登用せず、蒋介石に媚びる人々を重用した結果、国民党軍内で厭世的な気風が蔓延して、汚職がはびこり、戦いの士気が上がらず、共産党軍に敗北する大きな要因となったと指摘。「中国国民党軍に人材がいなかったのではなくて、蒋介石が活用できなかっただけだ」と苦言を呈している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
中国大陸の侵食から台湾守るために台湾総統交代をと李登輝氏
中国 「お人好し」日本を徹底的に悪者にし国民の不満そらす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP