ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名経済学者による「人の名前を忘れたときのゴマかしかた7つ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『インセンティブ』や『フレーミング』といった著作で有名なトップ経済学者のタイラー・コーエンが、かつて自身のブログにのせてた「人の名前を忘れたらどうゴマかす?」って話(英文)が面白かったのでメモ。

・人の名前を忘れたときのゴマかしかた
ネタ元は「人生は「幸せ計画」でうまくいく!」がベストセラーになったグレッチェン・ルービンのブログでして、以下にポイントを意訳します。

1. 苗字だけを忘れたフリをする
「本当は気さくに下の名前でお呼びしたいんですけど、それもちょっと失礼ですからねぇ…」

2. 名前を覚えているフリをして名刺をもらう
「もちろん、あなたのことは覚えてますよ。よろしければ、もう少し詳しいことを知りたいので、お名刺をいただけませんか?」

3. ど忘れしたフリをする
「いやー、お名前はここまで出かかってるんですけどね。ちょっといまはど忘れしてまして…」

4. 逆に相手をほめあげる
「うわー、すばらしい記憶力ですね!以前にお会いしたのは半年も前のことなのに、わたしの名前を覚えていてくださったなんて!わたしなんて、昨日お会いした人の名前も覚えられないんですよ。すみません、もう一度お名前をうかがっていいですか?」

5. 名前当てクイズにする
「いま思い出しますから、待ってください。うーん、ちょっとヒントとして苗字だけを教えてくれませんか?」このようにクイズ形式にすると、相手は思わずフルネームを答える可能性が高い。「山田……山田太郎です」

6. 他の人に紹介する
まず、名前を忘れた人に「ちょっと、わたしの知人をご紹介させてください」と誘いかける。次に、2人を引き合わせたうえで、「こちらは◯◯さん(名前を知っている知人)です」と言えば、まず相手も自分の名前を口にしてくれる。

7. 名前の書き方を聞く
「えーと、お名前って、どんな漢字で書くんでしたっけ?」(単純な文字の場合は逆効果になる可能性がある)

・どうにも名前が頭に残らないタイプもいる
そんなわけで、「人の名前を忘れたときのゴマかし方」でした。人の顔を覚えるのは得意なんですが、どうにも名前が頭に残らないタイプのわたしには、なかなか参考になりました(笑)。

個人的には、4番の「相手をほめあげる」パターンを使っていきたいところ。これならウソじゃないし、どうにか笑いでゴマかせますからねぇ。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP