ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デンマークの名店「noma」が東京に!菊川怜が世界初の料理を試食

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月9日、東京日本橋のホテル「マンダリンオリエンタル東京」に、デンマーク・コペンハーゲンにある予約のとれないレストラン「noma」が期間限定で「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」を出店する。
「noma」は、イギリスの月刊誌「レストラン」が毎年発表している「世界のベストレストラン50(The World’s 50 Best Restaurants)」で2010年、2011年そして2013年、2014年と4度も首位に輝いたデンマークのキュイジーヌ・レストラン。常に完璧で、そして常に高みを目指し続けているという「noma」は現地にある最高の食材を使い、それらの組み合わせから最高の料理を作り上げている。
このたび東京で開店することになったのも、常に高みを目指すための大胆なイノベーションであると同店のマネージングディレクターであるピーター・クレイナー氏は語る。
「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」は、「noma」の東京支店ではない。コペンハーゲンにある「noma」のスタッフがそっくりそのまま来日。1月9日から2月14日までの期間限定ではあるが、完璧を目指すための施策として、本店を一時休業させてまで、日本にやってきたのだ。
「noma」のスタッフは1年ほど前から準備のために日本各地の食材を味わって、最高の食材を探し求めていたという。食材の多くは日本のものを使用。そういった意味では、「noma」による世界初の料理が東京で味わえるということになる。
その食材のひとつとして、公式サプライヤーとして食材を提供することになったのが、鶏卵「きよら グルメ仕立て」で知られる株式会社アキタだ。アキタは鶏卵業界としては唯一、すべての生産を一貫して行うシステムを持ち、世界でもまれな厳しいを衛生管理の元、徹底した食の安全が守られている。加熱によってほとんど変わらない食欲をそそる黄身の色を持ち、それによって得られる濃厚なコクと旨味も強みのひとつだ。
1月8日に行われた記者発表会ではアキタが「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」と公式サプライヤー契約を締結したことを発表。「noma」にとっても、このように食材の仕入先を開示するのは初めての試みだという。
記者発表会にはゲストとしてタレントの菊川怜さんが登場し、「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」唯一の日本人シェフ高橋惇一さんが手がけた世界初の料理を試食。濃厚な旨みに言葉を失っていた。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
ヨーロッパで人気急上昇の「高速バス」に乗ってみた
チェコで行列ができる人気の菓子パン「トゥルドロ」
チェコ・プラハの「カレル橋」にある幸福のパワースポット

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP