ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(8) ハンガリーのLCC「Wizz Air」搭乗レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IMG_2715
日本に限らず、いや世界では日本以上に、LCC(ローコストキャリア、格安航空会社)がどんどん増えている。一方で、あっという間に倒産してしまうLCCもあるわけだが、全体的には明らかに増加している。特に、LCC先進国ともいえるヨーロッパ各国では、国際線の長距離線はレガシーキャリア(大手航空会社)、短距離線はLCCと使い分けている人も多い。現に、大手航空会社による子会社がLCCなケースも多い。
そんな中、成長著しいのが、ハンガリーのLCC「Wizz Air(ウィッツ・エア)」。
パープルを貴重とした機体のカラーリングは、日本のピーチ・アビエーションを彷彿とさせ、欧州の巨大空港でもなかなか目につく。近ごろは、ハンガリーを拠点とした路線以外にも就航する。
航空券の予約は、インターネット。最も気をつけたいのは「航空券を必ずプリントアウトして持参する」こと。でないと、出発する空港でけっこう高い発券手数料を取られる。チェックインカウンターでいくらごねても無駄なので、くれぐれもご用心を。
もちろん、預ける手荷物も1個から有料なので、スーツケースなど確実に機内に持ち込めない荷物があるなら、予約時に一緒に追加料金を支払っておくほうが空港よりもお得。
機内での座席は、オプションで料金を支払う以外は指定されてない自由席。つまり、早い者勝ちなので、搭乗時間のずっと前から並んでいる人も多い。搭乗が遅いと、3列シートの真ん中しか空いてないこともあるので、窓側や通路側がいい人は30分以上前から並んでおいたほうが無難だろう。なお、機内サービスはドリンクも含めてすべて有料。機内販売もあって、ハローキテイのWizz Airバージョンを見つけて驚いた。ハローキテイの世界進出、恐るべし。
IMG_2701
余談だが、東ヨーロッパの航空会社だからか、客室乗務員の女性が皆、「美人」ぞろいだった。
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【空旅のススメ】(3)LCCで海外「弾丸」旅ができる
【空旅のススメ】(5) エコノミー以上ビジネス未満「プレミアムエコノミー」って?
【空旅のススメ】(4)LCCで追加料金を取られないための防止策

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。