体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『るろうに剣心』激熱アクションの立役者! 谷垣アクション監督インタビュー「今の状況で次回作を作ったら死人が出ます」

谷垣アクション監督

2014年実写邦画No.1! 12月17日より発売となったBlu-ray&DVD『るろうに剣心 京都大火編』がセル/レンタルともにランキング1位を獲得。1月21日の『るろうに剣心 伝説の最期編』発売を前に、るろ剣の勢いは止まりそうにありません。

映画『るろうに剣心』の魅力と言えば、何と言っても邦画史上類を見ない本格的なアクション。主演の佐藤健さんはもちろん、神木隆之介さん、伊勢谷友介さん、土屋太鳳さん、登場人物の全てが壮絶な生身アクションにチャレンジしています。

このカッコ良すぎるアクションの立役者が谷垣健治アクション監督。ジャッキー・チェンに憧れ、22歳で単身香港へ。ドニー・イェン作品にスタントコーディネーターとして参加するなど、世界で活躍しています。今回は谷垣アクション監督に『るろうに剣心』のアクションについてから、作品にかける想いまで色々とお話を聞いてきました。

rurou_DENSETSU_gouka_H1_KYOUTSUU

―『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』は2014年を代表する映画となりましたね。私も大好きで、大興奮で鑑賞しました。

谷垣:ありがとうございます。どちらの方が好きですか?

―私は『京都大火編』が特に好きです。

谷垣:でもね、こうして振り返ると改めて『京都大火編』『伝説の最期編』で1つのストーリーなんだなと思います。質問しといて何ですが、どっちとは決められないですよね(笑)。2本続けて観ると人物の気持ちの流れがとてもスムーズに感じられ、そして何よりズッシリとした見応えがあると思いますよ。かなりの体力を要しますけど(笑)。

―なるほど。1月に『伝説の最期編』のBlu-ray&DVDが出るので、一気観してみます! 本作は2014年邦画ナンバーワンヒットを記録しましたが、谷垣アクション監督が思う、成功の秘訣などんな所にあると思いますか?

谷垣:今の映画って、例えば『エヴァンゲリオン』にしても、『ホビット』にしたって「過去作を知っておくのが大前提、背景を知らないと語っちゃいけない」みたいな難しさがあるじゃないですか。でも『るろうに剣心』は「とにかく楽しんでいただければ良いですよ!」って垣根をすごく低くしたのが成功の理由だと思いますね。

後は、普段CMでニコニコしている俳優・女優が、血眼になってアクションをしている驚きというギャップもありますよね。だからパート1の時も、いかにはやく“佐藤健ががんばってる感”を無くすかという事に一生懸命になっていましたね。それが、映画の最後にはアクションがすごいのが当たり前に感じましたからね。「剣心だからすごくて当然だろ」っていう。剣心にしか見えなくなってたということです。

―特に『るろうに剣心』のアクションは、観ているこちらまで「うおお!!」って血が煮えたぎるんですよね。

谷垣:「スタイリッシュなアクション」っていうのに全く興味なくて、観た人の体温が上がる様なアクションを大友監督も僕も心がけています。

―佐藤健さんのファンでこの映画を観に行った女性は、あまりのガチぶるに驚くでしょうね。

谷垣:そうそう。特に女子が多く観に来てくれたっていうのは原作のパワーでもありますよね。少年漫画だけれど、女子に人気があった。女性は普段アクション映画あまり観ないですもんね。『ザ・レイド』のアクションがどんなにすごいと言っても、なかなか女子は観に行かないでしょう(笑)。

―京都大火編/伝説の最期編から参加となった神木さん、伊勢谷さんのアクションも素晴らしかったです。

谷垣:今回から参加した役者さんたちは、パート1を観てから引き受けているわけだから「ただで帰れないって分かってますよね?」って事です(笑)。健君があそこまでの完成度できているので、追いつかないとという気持ちがある。神木君なんかに言わせると、追いつけるかなと思ったら、剣心はさらに前に進んでいってしまっているというね。そういった競争心があって良かったと思いますね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。