ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

個人クリエイターのためのポートフォリオ兼コラボレーションサービス「Clowdy 」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“YouTuber”という言葉を去年1年でかなり耳にしたが、YouTubeを始めとした動画の分野に限らず、音楽や写真などいろいろな分野で個人のクリエイターがWebの力を使って積極的に情報発信し、注目を集めるようになった。

SNSやスマートフォンが普及した事や、これまでは高度な技術が必要だったことが、個人で簡単にチャレンジできるようになったこともあり今後もこの流れは加速していくだろう。

そんな個人のクリエイターが、自分の作品を気軽にアップロードしたり、ファンや他のクリエイターと交流・コラボレーションできる「Clowdy」というサービスが今ちょっとした話題になっている。

「Clowdy」では動画や音楽、写真など様々なファイルを、容量を気にする事なくアップロードすることができ、自身のポートフォリオのような形で利用できる。

また、一般ユーザーがお気に入りのクリエイターを発見する機能もあるため、新たにファンを作るためのチャネルとしても有効。直接コミュニケーションをとったり、コンテンツに自信があれば販売する事もできる。

またもう1つの大きな特徴がクリエイター同士のコラボレーションだ。

クリエイターがコミュニケーションをとれるのは自分のファンだけではない。特定のスキルを持ったクリエイターを探したり、連絡をとったりすることも可能である。

自分だけでは作品が作れない場合でも、このサービスを使って世界中のクリエイターとコラボレーションし、挑戦できる可能性も秘めている。

このようにファンだけでなくクリエイター同士が交流したりお互いのプロフィールを閲覧することができるため、ある種、クリエイター版のLinkedInとも言え、今後の成長が楽しみなサービスである。
Clowdy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP