ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたがもっと積極的に夜ふかしすべき3つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「朝活」や「エクストリーム出社」など、とかく早起きがもてはやされる昨今の風潮に対し、早起きが苦手なわたしが「夜ふかしにもいいところがあるよ!」と自己弁護するための話を書きます(笑)。

1. 夜ふかしのほうが頭がいい
アメリカの若者を対象にした調査(英文)では、早寝早起きよりも夜ふかし型のほうがIQが高いとのデータが出ております。なんでこういう結果になるかは不明なんですが、なんでも「人類は夜中の活動に適応できるように進化していないので、知性が低いと夜ふかしに対応できないからではないか?」って仮説があるらしい。

2. 夜ふかしのほうが年収が高い
マドリッド大学が1,000人の学生を調査(英文)したところ、夜ふかし型のほうが成績がよく、いい会社に入る確率が高く、年収も良い傾向があったそうな。というのも、夜ふかし型は帰納的な思考が得意で、ものごとを分析するのが上手い人が多いらしい。この能力が、結果としてよいキャリアに結びつきやすいんだそうで。

3. 夜ふかしのほうがモテる
夜ふかしの男のほうがモテる! と論じたのが、ハイデルベルク大学が2012年に行った研究(英文)

その要点を抜き出しますと、「男性における「モテ」要素は、第一に外向的であることだ。次に、年齢、夜ふかしができる能力が続く」とのこと。まぁ夜ふかしではあるものの、アラフォーで内向的なわたしには、あまり関係のない話ですが。

・まとめ
そんなわけで、夜ふかしのメリットを3つご紹介しました。「早起きは三文の得」などと言いますが、夜ふかしだって得があるんだよってことで。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP