ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島ホームテレビの美女アナ2人 ズムスタの前で撮り下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年末年始も大活躍した地方局の美女アナたち。ここで紹介するのは、広島ホームテレビの五十嵐愛アナ(27・左)と大重麻衣アナ(23)。

 五十嵐アナは、教職を目指し教員免許も取得したが、「学校の先生になるには世の中を知らなすぎる」と、飛び込んだのがマスコミの世界だった。ラジオ局でのパーソナリティの仕事を経て広島へ。

「最初はお昼の出前がお好み焼きでテンションが上がりました」

 アナウンサーとしての目標は、ナレーションが巧くなること。「話し方には人生がにじみ出ると思うんです。経験を積み重ねた声で巧く読める人は、人生が豊かだった証明だと思います」と才女らしい一面の一方、休日は「ひとりカラオケ」でボン・ジョヴィを熱唱している。

 大重アナは、アナウンサーになって高校生に「気合い注入のため、ビンタしてください」と突然お願いされてビックリしたという。

 テレビでのキャリアは豊富で、小学3年から中学3年まで子供番組『ポンキッキーズ』に出演し、ダンスを披露していた。それゆえ、ベテラン並みの落ち着いた雰囲気なのかと思いきや「よく度胸があるといわれますが、緊張しすぎていつも子鹿のように足がわなわな震えています。落ち着いているんではないです……」

◆いがらし・いつみ:神奈川県出身。2010年、横浜国立大学卒業後、ラジオ局パーソナリティを経て14年入社。『HOME J ステーション』『ワイド!スクランブル』に出演。

◆おおしげ・まい:東京都出身。2014年、学習院女子大学卒業後、入社。『HOME J ステーション』、スポーツ番組『勝ちグセ。サンデー恋すぽ』などに出演。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂
夏目三久アナ 年収3億円説飛び出し女子アナ界新女王の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。