ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幕張でスバルブースが人気のワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幕張メッセでは現在「東京オートサロン2015」が開催中だが、なかでもスバルのブースが注目だ。なにせ、来場者アンケートで「もっとも印象に残ったブース」として過去3年連続でNo.1に輝いているというのだ。その理由を探るべく、開催初日のブースを覗いてみた!

【画像や図表を見る】

まずブースに展示されている車両は、さすがモータースポーツに力を入れているスバルだけあって、レースカーがそろい踏み。ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦予定の「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GTに参戦予定の「SUBARU BRZ GT300 2015」は、多くのモータースポーツファンの目を引いていた。また往年のスバルファンにはたまらないレガシィ「BLITZEN」がコンセプトカー「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」として復活。カメラを向ける来場者が後を絶たなかった。

さて、展示車両だけではなく、ブースイベントも活況。1月9日に行われたプレスカンファレンスでは、スバルのモータースポーツを統括するSTIの辰巳英治総監督から、2015年のモータースポーツへの取り組みについて発表が行われた。その内容はニュルブルクリンク24時間耐久レースとSUPER GTへの挑戦に関するもので、特に契約選手の公開に注目が集まった。ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは昨年度チャンピオンであるティム・シュリック選手(ドイツ)が加わったほか、SUPER GTでは新たに山内英輝選手と契約。「スバルファンはもちろん、すべてのクルマファンに喜んでいただけるように頑張りたい」という辰巳総監督の意気込みが伝わるような内容だった。

また、来場者が選手にディスカッションの質問内容を指定できる参加型の定期ステージイベント「ロックオンディスカッション」も行われていた。辰巳総監督や山内選手らが、海外遠征の裏話やレースにかける決意を語ったほか、サイン入りアイテムのプレゼントイベントもあり、好評を博していた。

さて、安心と愉しさをテーマに掲げ、究極の走りに挑戦するスバルだが、それはモータースポーツや車の性能への挑戦だけにとどまらないといえそう。ファンとふれあうイベントひとつをとっても、ファンと共鳴しながら“安心と愉しさ”を追求する姿勢が、ブースやステージの随所に見て取れる印象だ。そこが3年連続「印象に残ったブース」No.1の理由かもしれない。

ちなみに会期中来場者アンケートに答えると、新型「LEGACY B4 Limited」が抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施中だ。ファンのみならずすべての来場者が楽しめる内容となっているだけに、1月11日(日)までの会期中に、足を運んでみてはいかがだろうか?
(R25編集部)

幕張でスバルブースが人気のワケはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。