ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一生に一度は泊まってみたい!白銀のウユニ塩湖を望む“塩のホテル”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“いつかは訪れたい絶景スポット”と名高い、ボリビアの「ウユニ塩湖」。

ここは見渡す限り白銀の世界が広がる、あまりにも美しい場所として知られているが、もしこの場所への旅行を計画しているのならば、とっておきの宿泊施設がある。

ウユニ塩湖の周りには、建物や家具がすべて塩で作られた3つの“塩のホテル”が存在するのだが、今回は三ッ星クラスのホテル「Luna Salada(ルナ・サラダ)」をご紹介。

このホテルはウユニ塩湖、コルチャニ村にある人気リゾートで、壁や床はもちろん、ベッドに至るまで塩のブロックで作られているという。

場所はウユニ高台にあるため、塩湖を見渡すことができる。

日帰りツアーとして、ハイキングやフラミンゴ観察、火山や洞窟を巡るアクティビティなども充実。

ちなみにウユニ塩湖の観光は、雨季にあたる11月~3月がベストシーズンと言われている。

この時期は、湖面に水が溜まり、鏡となって空を映しだす「鏡張り」が有名だからだ。

現在同ホテルでは、日程によって1部屋1泊116ドル~(日本円で約1万3000円)など、キャンペーン価格になっている部屋もあるので、興味がある方はまずウェブサイトを見てみるのがよさそう。

もちろん旅行会社を通してツアーもたくさん企画されているので、そういったツアーを利用する手もある。

宿泊してみると、本物かどうか確かめたくなって、壁を舐めてみる人もいるというこちらのホテル。

もしここに泊まる機会があれば試してみる?

Hotel De Sal Luna Salada
http://www.lunasaladahotel.com.bo/

ホテル(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP