ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あえて直接言わないこと! 後輩との上手なコミュニケーションの取りかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


仕事じゃないと死んでも話をしたくない…とまではいかないものの、仲よくやりたいけれどナメられたくない! と悩むのが後輩とのビミョーな距離感。
面倒を見る立場になったけれど、何を考えてるのか理解できない彼らにかける言葉が見つからない~! と悩める人は『今、なぜ部下はあなたに心を開かないのか? これからの時代のリーダー論』(サンクチュアリ出版)でコミュニケーションのきっかけを探してみてはいかがでしょうか。

だらだらと叱るより、しっかり褒めてあげる

「コミュニケーションが不得意なリーダーが、「叱る」、「注意する」などという高等技術に挑戦すると、ヤケドを負ってしまう。ここは、素直に褒めるべきである」
(本書より抜粋)

後輩のミスを叱るときに「コミュニケーションのチャンス!」とばかりに、あれやこれやと説くのは勘違い…ということ。
叱るときだけ話す上司→普段から恐いイメージがつく→だんだんキライになる→「あのクソ上司ッ!」となります。挙句の果てに、考えるだけで不愉快になり、会社に行きたくなくなる原因にも…。
「どうしてこんなミスがッ!?」と叱るついでにコミュニケーションをとろうとしても部下は聞く耳なんて持っていません。叱るのはほどほどにして、褒めるときはしっかり褒めるのがポイントです。
「どう褒めたらいいのかわからない!」というリーダーには、「いつもチームのことを考えてくれてありがとう」「あの会議での発言よかったよ」など、褒め言葉のサンプルも本書に載っているので、参考にしてみては?

直接言わない、間接的な「口コミ褒め」が効果◎

「たとえば、部下を褒めたいと思ったときに、わざと直接言わないという手法がある。「〇〇さんのこと、リーダーがよくやってるねって言ってたよ」と別の人間から間接的に伝える方法だ」
(本書より抜粋)

私の場合もクソ上司の話はほとんど聞く耳なんてありません。が、ただひとつ、褒め言葉だけはスッと心に入ってきます
前に「さっきのお客さん、よく頑張ってるねって言ってたよ」と上司に言われたときは「自分を見ててくれたのかー!」と仕事の疲れが一気に抜けたことがありました。
第三者からの意見だと、上司や身近な人間に言われるより本当に、数倍うれしいんですよね。
お客さんやクライアントが後輩のことを褒めていたら、チャンスだと思って忘れずしっかり伝えてあげることが、後輩との距離をググッと縮めるきっかけになるそうですよ!
Beautiful young asian woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
会社の男性にかわいがられるちょっとした心配り
靴ずれ予防には、ロウや石けんが効果的
お弁当のマンネリ&食中毒を防止するちょっとしたコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP