ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】人気シリーズが遂に完結! 『96時間/レクイエム』リーアム・ニーソン独占インタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界中を驚愕させたあの“無敵の父親”が帰ってくる! しかも“容疑者”となって……。シリーズ累計世界興行成績6億300万ドルを記録した『96時間』シリーズの最終章『96時間/レクイエム』が、いよいよ本日から日米同時公開となりました。

【関連記事】『96時間』の主人公はまるでジェロム・レバンナ? 格闘ゲーム実況者・せんとすが関根勤さんにインタビュー!
http://getnews.jp/archives/754546 [リンク]

『96時間』シリーズ最大の魅力といったら主人公ブライアン・ミルズを演じるリーアム・ニーソンのカッコよさ。190cmを超える長身を活かしたアクションは、60歳を超えているとは思えないほどクールでダイナミック。

リーアムは、スティーヴン・スピルバーグ監督映画『シンドラーのリスト』(1993)や、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のクワイ=ガン・ジン(1999)といった幅広い役所を演じるスターですが、2008年に『96時間』でバリバリのアクション作品に挑戦し、話題に。その後も『ダークナイト ライジング』『バトルシップ』といった超大作から『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』なんてツウ好みの作品まで勢力的に映画出演を続けています。

今回筆者は、12月初旬に開催された『96時間/レクイエム』のロンドンジャンケット(監督や出演者にインタビューを行う場の事)に参加。リーアム・ニーソンにインタビューを行い、映画について、自身について、色々とお話を伺ってきました。

『96時間レクイエム』リーアムニーソン独占インタビュー!
https://www.youtube.com/watch?v=U-EVQdoXqIY

―本作がシリーズ最終作とのことですが、このシリーズがこれほどまで人気になったことについてどう感じますか?

リーアム・ニーソン:このシリーズに関われたことを名誉に思うよ。そして、シリーズに関わった人みんなとても驚いているよ。1作目の監督もアメリカのFOXも、みんなね。1作目を撮っていたときには3作も撮るなんて想像も出来なかったよ。君と同じさ。とてもスゴいことだと思う。

―シリーズ3作目となり、リーアムも60歳となっ……

リーアム・ニーソン:“60”が何??

―60歳……

リーアム・ニーソン:なんだって?(笑)

―「ブライアン・ミルス」を演じるにあたり、どのような工夫をされましたか? また、アクションシーンでは、何かチャレンジされたことはありますか?

リーアム・ニーソン:アクションシーンは常にチャレンジなんだ。それに、どんな演技をしていても少なからずチャレンジはあるよ。例えば、車の運転とか格闘シーンとか、アクションシーンは時間との闘いでもあるんだ。こんなことがあったんだけど、どう考えても7日間は確保しなければいけない撮影があったんだ。でも、僕たちに許されたのは4日間だけ。とても大きな負担だったよ。何かアクシデントがあれば、そのシーンを削らなければならなかったかもしれないしね。幸いにも、僕たちは最高のチームに恵まれていたんだ。スタッフやスタントマン、みんなとても素晴らしくて、誰一人ミスすること無く撮影を成し遂げられたよ。


動画インタビューではこの他にも、「ブライアン・ミルス」のような強さを身につけるコツから、リーアム自身の俳優を続けるモチベーションなどさらに色々なトークを展開。リーアムの優しげな表情は動画でこそ堪能していただけます。あ〜素敵だった!

映画『96時間/リベンジ』は現在大ヒット上映中。

http://www.foxmovies.jp/96hours/

(C)2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP