ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

味でガチ勝負!西友PB対メーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すっかりおなじみとなった、スーパーやコンビニなどのプライベートブランド(PB)。メーカー商品よりも安価なため、お世話になっている人も少なくないだろう。

【画像や図表を見る】

そんなPBとして人気なのが大手スーパー・西友の「みなさまのお墨付き」。発売開始以来、売り上げも右肩上がりで、味への評価も高い。その人気ぶりを受けて、同社ではこの1月からとんでもないキャンペーンを企てているらしい。なんでも、メーカー商品と“味”でガチンコ勝負を挑むというのである。その名も「横綱チャレンジ」。メーカー商品を横綱に見立て、“胸を借りる”というわけだ。

そもそも「みなさまのお墨付き」とは、2012年にスタートしたPBで、現在500品目以上を誇る。一般の消費者による試食テストで味、価格、量について支持率が70%を超えたものだけを商品化するというコンセプトのもとに開発。商品化されてからも1年半~2年のサイクルで再調査を行い、商品を精査・改良。14年1~11 月の累計売上高は前年比で約30%増を記録している。

「横綱チャレンジ」の対戦方法は、ブランド名を伏せて「メーカー商品」 と「みなさまのお墨付き」の商品を食べ比べて、味の評価をしてもらうというもの。1月10日から始まる第1弾は店頭で食べ比べ試食を実施し、どちらがおいしいか評価してもらう。そして、1月中旬からの第2弾は、東京・大阪・名古屋で第三者機関の調査会社に厳密な食べ比べ調査を実施してもらい、2月にはその勝敗を特設サイトで発表するという。

うーむ…。いくら自信があるとはいえ、大丈夫なんだろうか? 勝敗の行方はもちろん、メーカーにケンカを売って大丈夫か?…という余計な心配までしたくなる。そこで西友のマーケティング本部・プライベートブランド事業部の越智幸三(おち こうぞう)さんに聞いてみると…。

「大丈夫ですよ! それほど負けない自信はあります。もちろんメーカー側も負ける気はしていないでしょうが、味の評価には個人の好みが反映されるので結果は読めません。それに我々としては、単に勝ち負けを競うことだけが目的ではないんです。仮に負けてもユーザーさんからたくさんのフィードバックをもらえれば、商品の改良に活かせますからね」

「決して“負け惜しみ”じゃありませんよ!」と語気を強める越智さん。では、このキャンペーンの企画意図って何なんでしょう?

「PBには、一般的に『安かろう、悪かろう』というイメージが根付いています。ただ、私たちは品質においてメーカーさんの商品と戦えるだけの自信がありますし、メーカーさんと同じ土俵で競争したいと思っている。その思いを込めて“横綱チャレンジ”と命名しました。安くて味のいいPBを提供していることを知ってもらい、PBのイメージを向上させたいんです」

ならば、「みなさまのお墨付き」が横綱相手に金星が獲れるのか、お手並み拝見と行こうじゃありませんか! 店頭やwebでのキャンペーンを見守らせていただきますよ!!
(R25編集部)

味でガチ勝負!西友PB対メーカーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ヒット商品の「PB展開」加速中!
ファミレスレジ横ビジネスの仕組み
コタツで食べたいものTOP10
急成長リサイクルショップの秘密
「2014年新語」振り返りテスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP