体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

な、なんだってー!2015年に『第三次世界大戦』勃発!?

先日ネットを徘徊しておりましたところ、なんと『2015年 第三次世界大戦勃発』なる話題を目にいたしました。な、なんだってー!

【関連:国歌『君が代』の謎―ネットで噂のヘブライ語翻訳版】

戦争のイメージ

という訳で、本稿ではそのネタ元となったと思われる、予言者・未来人達の言葉を拾い集め、題して『ドキドキ☆予言者・未来人が告げた2015年「第三次世界大戦勃発」大予言!!』をご紹介してみようと思います。

一応先に注意として書いておきますが、この記事は完全にネタ記事です。ネタと理解した上で読み進めて下さい。

■ノストラダムスの大予言 2015年版

フランスの医師、占星術師、そして予言者として知られるミシェル・ド・ノートルダム(ペンネーム:ノストラダムス)。
彼の書き残した詩集『予言集』(百詩篇)には予言が含まれているとされていますが、記される文は「詩」になっておりストレートに予言が書かれているという訳ではありません。
そのため世界中に『ノストラダムス研究者』という人達がいて、この書に記された意味を独自解釈して発表しては度々世間をお騒がせしているという次第です。

独自解釈本で日本で有名なのが、『ノストラダムスの大予言』。
この中で紹介された、「1999年7月人類滅亡」の終末論は、当時世間を大騒ぎさせましたが、原文には人類が滅亡するとは一言も書かれていません。

一説によると、この詩集には7000年までの予言が記されているのだとか。それを考えると、地球が滅亡するのはまだまだ先なようです。

で、前置きが長くなりましたが、海外サイト『Mix Top Ten Lists』では2015年版の予言(解釈)としてこんなことが紹介されていました。
「人間の寿命が200歳まで延びる」、「アフリカ西部で巨大地震」などに紛れて……、ありました!「世界が放射線で焦げ付く」です。なかなかセンセーショナルな予言ですね。

でもこれ原文をそのまま訳すると「王達は森林を奪い、空が開き、大地は熱で焼かれる」(The kings shall rob the forests, the sky will open, the fields shall be burned by heat,)という感じ。
私は予言者でもなんでもありませんが、もしこれをそのまま理解するならば、「(大手企業による)森林伐採や、工場から排出される大気汚染の影響で、オゾン層が破壊されたり温暖化が進む」と読み解き、「大気汚染が深刻化する」か「環境問題が深刻化する」と書きます。補足ではこのことに触れられていますが見出しだけ見るとびっくりします。

念のため他の海外サイトの解釈も調べてみたところ、『coolinterestingstuff.com』など複数でも私と似た解釈で紹介されていました。解釈する人によって表現はこうまで変わるようです。

【参考・引用】
Mix Top Ten Lists
coolinterestingstuff.com

 
■2036年からやってきたタイムトラベラーが残した2015年の歴史

2000年にアメリカの大手掲示板に登場した、自称タイムトラベラーでジョン・タイターと名乗る男性。
彼は掲示板やチャットを通じて、未来に関する情報やタイムマシンについていくつか書き残しています。

未来に関する情報については、外れた物もあれば、当たった物もあり……、記者がざっと見た感じだと外れの方が多いような気がします。
ただ彼は当時、自分がこの世界線(パラレルワールドの概念)で活動したことにより、未来が変わる可能性があると説明しています。

で、肝心な2015年についての予言(彼にとっては歴史)は?

▼ジョン・タイターが残した2015年の歴史
2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。
その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。