ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話し言葉を外国語に変換してくれる通訳アプリ、66言語に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この年末年始に海外に出かけた人もいるだろう。語学が堪能な人はともかく、海外に行って困るのは外国語でのコミュニケーション。

英語なら多少のボキャブラリーでも何とか通じるかもしれない。しかし、ちょっと込み入った話をするのは難しいものだし、多くの人にとって英語以外の言語だとハードルはさらに高くなる。

そんなときに便利そうなのが通訳アプリの「Translator Speak and Translate Free」。話しかけると、外国語に音声変換してくれるというものだ。

・使いたいフレーズの保存も

例えば、ショッピング中に商品の詳細などを店員に訪ねたいとき、アプリに自分の言語で話しかけ、 そして通訳音声を店員に聞かせることで意思疎通が図れる。

ただ、海外だとネット接続の状況が不確か。そんなときは、あらかじめ使いたいフレーズを通訳してお気に入りに準備しておくことができる。

・有料版は広告フリー

もちろん、機械翻訳なので多少のニュアンスの違いなどは避けられないが、少なくとも何を言わんとしているかを相手に伝えることができるのはやはり大きい。

このアプリ(iOS、Android)はMicrosoftの翻訳エンジンを使用していて、66言語に対応する。無料で使用できるので、旅行前にダウンロードしておくと便利そうだ。

アプリには広告が入るが、気になるほどではないだろう。もし広告フリーにしたいなら有料版があり、こちらはMicrosoftかGoogleのエンジンかを選択できるようになっている。

Translator Speak and Translate Free

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP